今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

ビックカメラが、店舗でビットコイン決済を試験導入!対象店舗は新宿東口と有楽町

f:id:mocchilog:20170405175007j:plain

 

仮想通貨の代表格ともいえるビットコインがビックカメラのリアル店舗で使えるようになるというリリースがありました。

ビックカメラへのビットコイン決済サービス提供のお知らせ|株式会社bitFlyerのプレスリリース

 

ビックカメラでビットコインが使える

ビックカメラは、株式会社bitFlyerのシステムを導入して、仮想通貨ビットコインによる決済サービスを導入すると発表した。

  • サービス開始日:平成29年4月7日(金)
  • 導入店舗:ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店
  • 決済上限:1会計につき10万円相当のビットコインまで
  • ビックポイント付与率:現金と同様

ビットコインを使っている人は、全世界で2,000万人、日本では60万人いるということです。これは、これからより広がっていきそうですからね。

 

導入の背景は、改正資金決済法施行に伴う国内におけるビットコインの普及、海外からの観光客によりビットコイン決済の利用を見込みビットコインサービスの試験導入を決定したと書かれています。

今後、ビットコインなどの仮想通貨もさらに広がっていくと思います。仮想通貨も種類があり、そうすると決済が様々なところでできる仮想通貨を使う人は多くなると思いますから、ビットコインを取り扱う株式会社bitFlyerが先陣をきったという形でしょうか。

東京オリンピックもあり海外の人が日本にくることも増えていくはずですしね。

 

また、ビックカメラ側も、最近電子マネーSuicaの決済を導入したりと多くの種類の決済方法を用意できるということはメリットになりますからね。

 

キャンペーンも実施

f:id:mocchilog:20170405174301p:plain

キャンペーンも用意されています。キャンペーンは以下の2種類。

①期間中にビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店で株式会社bitFlyerのiOSアプリ「bit Flyer ウォレット」を使ってビットコイン決済をした人で先着200名に500円相当のビットコインをプレゼントしてくれるとのこと。

②期間中に、かんたん店舗決済「bitWire SHOP ver2.1」に登録した人の中から抽選で200名様に500円相当のビットコインをプレゼント

 

キャンペーン期間は、2017年4月7日10:00~2017年4月19日23:59まで

 

☆☆☆☆☆

最近は、非常に多くの決済パターンが増えてきています。

仮想通貨で決済というのも、何年か前だとありえないことだったと思います。

Amazonもアメリカで新しい決済方法「Amazon cash」を始めると発表しましたし、今後もどんどんと様々な種類の決済方法が、様々な場所で増えていくと思います。

 

仮想通貨革命

仮想通貨革命

 
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 作者: 大塚雄介
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「iOS10.3.1」が正式リリース!内容はバグの修正、セキュリティ問題の改善など

2017年4月4日、Appleは「iOS10.3.1」を正式にリリースした。

「iOS10.3」が2017年3月28日にリリースですから、約1週間でのアップデートとなる。

f:id:mocchilog:20170405184749p:plain

 

新機能、大きな変更点は無し

今回のアップデートの内容は、「バグの修正およびiPhoneまたはiPadにセキュリティ問題の改善が含まれます」とのこと。

「iOS10.3」リリースしてから、発覚した不具合などの改善をしたと思われますね。

特に、新機能などは残念ながらなし。

 

「iOS10.3」の主な内容

・Find My AirPods(Air Podsを探す)機能

・Siriの機能アップ

・CarPlay

・ファイルシステムが「Apple File System(APFS)」に変更

など

 

☆☆☆☆☆

バグの修正、セキュリティの問題の改善ですから、すぐにアップデートした方がいいと思います。

アップデート方法は、Wi-Fiにつないで「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」です。

 

なお、「iOS10.2」から「iOS10.3」にアップデートする際は、結構大規模な変更内容となっていますから、バックアップをきちんととってからアップデートをすることをおススメしますね。

時間も結構かかります。

 

 

エポスカードは飲食店等の優待が充実!要所要所で使えばかなりお得なクレジットカードです

  

 
エポスカードは僕もよく使うクレジットカードの一つです。
おススメできるクレジットカードだと思いますので、エポスカードについてまとめてみました。
 
エポスカードは、丸井デパート系のクレジットカードです。
そのためマルイ系列のデパートで使うと割引を受けることができるという魅力があります。
では、マルイ系のデパートでの利用がいつもお得なのかというと残念ながら、そうではありません。

【エポスカード】

 

いつ、どこでお得になるのか?

マルコとマルオの7日間

「マルコとマルオの7日間」を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
年4回開催される「マルコとマルオの7日間」の期間のみ10%オフの割引を受けることができます。
10%オフの割引が受けられるのは大きいですよね。
それ以外の期間については、基本的には割引はありません。ポイントの付与も残念ながら利用金額の0.5%還元。んーこれはあまりお得ではありません。
 

マルイウェブチャネル

また、丸井の通販「マルイウェブチャネル」での購入もお得です。
ここでの買い物は3,000円未満だと通常送料が発生するのですが、エポスカードで支払いをすると3,000円未満の場合で送料が半額になります。あまり超お得というわけではありませんが、少額でも気軽に購入できるからいいですね。
 
自宅近くにマルイがない人も多いと思います。僕もその一人ですが、この「マルイウェブチャネル」を頻繁に利用します。靴なんかが結構安くていいもの売っていますよ。
もちろん、「マルコとマルオの7日間」の期間中は「マルイウェブチャネル」でも10%オフです。
 

カラオケボックス

カラオケによく行く人も持っていた方がいいかもしれません。なぜなら、エポスカードの提示で、ビッグエコーとSHIDAXで30%オフの割引を受けることができるのです。提示だけでOKというのがイイですよね。
SHIDAX、ビックエコーともに室料30%オフ。
同じ30%オフでもちょっと基準が違います。
  • SHIDAX:会員価格から30%オフ
  • ビッグエコー:一般価格から30%オフ
と、SHIDAXの方がお得感が大きいですが、ビッグエコーの一般価格から30%オフでも会員価格よりも割引率が大きいですから間違いなくお得です。
 

飲食店でも

様々な飲食店でも割引を受けることができます。(2017年4月現在)
・ロイヤルホスト:飲食代合計より5%オフ(提示でOK)
・モンテローザグループ:エポスポイント5倍
モンテローザグループといえば、魚民、白木屋、笑笑、千年の宴、月の宴など利用する人も多いのではないでしょうか。
幹事になったときは間違いなくエポスカードで支払った方がお得です。
・カウボーイ家族:飲食代より5%オフ(提示でOK)
他にもさまざまな飲食店で優待を受けることができる保有メリットがあります。
 
ロイヤルホストは以前は10%オフだった記憶があるのですが、現在は5%オフのようです。5%でも十分大きいですよね。
 

ポイント還元は??

ポイント付与率は0.5%

エポスカードの基本的なポイント付与率は0.5%
「200円=1エポスポイント」ですので、1%還元のカードも多く存在する中であまりお得とは言えないかもしれません。平均的なポイント還元率だと思います。
ちなみにポイントの有効期限は2年間です。

【エポスカード】

 

ゴールドカードになるとポイント還元も増

ゴールドカードを保有するとポイント還元でのメリットをより受けることができます。
通常の利用に関しては、200円で1エポスポイントというのは変わりませんが、ゴールドカードになるとボーナスポイントが付与されるのです。
 
具体的には、
・年間50万円以上の利用→2,500エポスポイントプレゼント
・年間100万円以上の利用→10,000エポスポイントプレゼント
例えば、年間50万円を使ったことを考えてみましょう。
50万円×0.5%+2,500P=5,000P
となり5,000P/50万円=1%還元となりまずまずの還元になります。
 
ゴールドカードには、他にも
  • エポスポイントが有効期限なしの永久ポイントに
  • 国内、海外空港のラウンジを無料で使うことができる
  • 海外旅行傷害保険自動付帯
などメリットがありますから、このゴールドカードも一度考えてもいいかもしれませんね。
 
 
 

年会費は無料

エポスカードは年会費、発行手数料等は一切不要になっています。
年会費が無料というのは素晴らしいことだとおもいますね。
さらにエポスカードは即日発行という大きなメリットもあります。即日発行できるカードってそんなに多くないんですよね。
基本的には発行には申込から1週間から2週間くらいはかかりますからね。
 

万が一の事態にも安心

クレジットカードの不正利用がたまにニュースになっているのをみかけますが、エポスカードはそんな場合でも安心です。
このエポスカードには盗難保険というものがついているのです。万が一、紛失や盗難にあって不正利用されて損害を受けてもその分は保険会社がカバーしてくれるというもの。紛失、盗難のお届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額保障してくれるというのです。
 
その不正利用を早期発見できるシステムも用意されています。
カードを利用するたびに、すぐにメールで通知するサービスです。これ実際に僕も使っていますが、本当に一瞬できます。驚くくらいの速さですね。
 
海外旅行傷害保険も無料でついています。海外旅行時のけがや病気、携行品の盗難や破損などの損害も保証してくれるというもの。海外旅行時も安心です。
 
ということで保険がついているエポスカードは安心ですね。

【エポスカード】

 
 
☆☆☆☆☆
ポイント還元率が0.5%でそんなに高くないからエポスカードは持たないという結論はもったいないと思いますね。
 
様々な飲食店等で優待があったり、マルコとマルオの7日間マルイウェブチャネルでの買い物が多い人は保有するメリットが大きいと思います。その優待を受けれるタイミングではエポスカードを使い、それ以外では還元率の高いカードを使うのがいいと思います。
 

 

【節税】国税をクレジットカードで納付する際のポイント!

f:id:mocchilog:20170323182615j:plain

 
確定申告が終わりました。今回もギリギリの提出となってしまいました。いつも次こそは早めに準備して、早めに提出と思っているのですがなかなか実行は難しいです。
 
確定申告が終われば次は納税になります。
税金の支払い金額をみて、ウワッ!と、うなってしまう人も多いのではないでしょうか。
 
この税金の納付、以前は現金のみでしたが今は所得税を含む国税に関してはクレジットカードで納付できるようになりました。
納付専用のサイトがありますので、ここからクレジットカードを使って納付することができます。
クレジットカードで納付した方が得なのか、そうではないのか考えてみたいと思います。
 

決済手数料が発生

クレジットカードで決済すると、決済手数料がかかります。

国税クレジットお支払サイト を見てみると以下の図があります。

f:id:mocchilog:20170323183033p:plain

となっており、計算してみると0.82%の決済手数料がかかるようです。

右側の図の納付税額のところに、金額を入れると決済手数料が計算される仕組みになっています。

 

50,000円までは10,000円ごとに決済手数料が決められているので若干ズレが生じます。

例えば、40,001円~50,000円の区分を見てみるとこの間の金額は全て410円です。

40,001円→1.02%、50,000円→0.82%という感じです。

 

基本的に0.82%の決済手数料ですから、
例えば、10,000円納付しようとすると、10,000円×0.82%=82円の手数料がかかることになります。
10万円なら820円、100万円なら8,200円です。
手数料ですから、余計な支払いが発生することになります。
この0.82%の決済手数料が、クレジットカードでの税金の納付の最大のデメリットになります。現金の場合はかかりませんからね。
 

クレカにはポイント還元がある

ただし、クレジットカードにはポイントでの還元があります。
要するに、0.83%以上ポイント還元のあるクレジットカードで決済をすればお得になるということです。
例えば、1%還元のクレジットカードを使って100,000円納税した場合を計算してみると…
・納税額100,000円
・決済手数料100,000円×0.82%=820円
・クレカポイント還元100,000円×1%=1,000円
納税額100,000円+決済手数料820円ーポイント還元1,000円=99,820円
となり、現金で納税するよりも180円お得になったことがわかります。
 
有名どころの還元率1%のカードは、楽天カード 」やYahoo!JAPANのYJカード」 
楽天カード は持っている人も多いのではないでしょうか。
 
1%の還元のクレジットカードは少なくないと思いますから、まずはきちんと自分の持っているクレジットカードのポイント還元率を知る必要があります。
僕が最近よく使っているカードは、エポスカード(ゴールド)、楽天カード 、オリコカード(THE PLATINUM)の3つです。
エポスカードは還元率0.5%なので少し損をしますが、ゴールドカードの場合年間50万以上で2500ポイント入りますから50万以上使うのであれば実質1%還元になるのでOKです。
楽天カードは1%の還元はありますので、問題なし。
オリコカード(THE PLATINUM)は、1%の還元があるのでこれも問題なし。
 
まずは自分の持っているカードの還元率を調べてみるといいと思います。せっかく支払うのであれば、少しでもお得になる方がいいに決まっています。一番還元率の高いクレジットカードでの支払いがイイですね!
 

どのクレジットカードでも使えるの?

ポイント還元の高いクレジットカードで納付すればいいのはわかったけど、どのクレジットカードでも使えるの?と疑問を持つ人も多いかもしれません。
 
国税の納付に対応しているクレジットカードのブランドは、
・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express
・Diners Club
・TS CUBIC CARD
ですから、ほとんどのカードが対応しています。
 

対象になる税金

国税の支払いができるといっても、具体的にどの税金が支払えるのでしょうか。知っておくと損することがなくなるかもしれません。
一覧でまとめてみたいと思います。
・申告所得税及復興特別所得税
・消費税及地方消費税
・法人税
・法人税(連結納税)
・地方法人税
・地方法人税(連結納税)
・相続税
・贈与税
・源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
・源泉所得税(告知分)
・申告所得税
・復興特別法人税
・復興特別法人税(連結納税)
・消費税
・酒税
・たばこ税
・たばこ税及たばこ特別税
・石油税
・石油石炭税
・電源開発促進税
揮発油税及地方道路税
揮発油税及地方揮発油税
・石油ガス税
・航空機燃料税
・登録免許税(告知分)
・自動車重量税(告知分)
・印紙税
 
となっておりかなりの量の種類の税金をクレジットカードで納税することができます。ほとんどの人にとって、あまり関係のない税金も多いかもしれません。
というか税金の種類の多さに圧倒されてしまいます。
 
☆☆☆☆☆
クレジットカードでの納付を使えば、お得になるパターンも多いということですからぜひ使ってみてはどうでしょうか。
何よりもネット上で完結するという楽な点がイイですよね。
 

 
 
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

 

 

iOSの「Kindle」アプリがアップデート!!Kindleライブラリにドキュメントやウェブページが保存可能に

iPhoneで毎日開いているアプリ「Kindle」がアップデートしました。

アップデート内容は大きく2つ。

1つ目の内容は

ComiXologyのガイドビューがKindleでご利用いただけるようになりました。

これはよくわかりませんでしたが、ComiXologyというのは米Amazon傘下の電子コミックの会社とのこと。そのComiXologyのサービスがKindleアプリでも使えるようになったということでしょう。

 

2つ目の内容が興味深いです。

Kindleに送信ーKindleライブラリにドキュメントやウェブページを保存できるようになりました。Safariで「共有」ボタンをタップし、共有先にKindleを追加してください。

ウェブページを見ていて、気になったらその部分をKindleライブラリに保存できるということ。

まずは事前準備。

<事前準備>

①Safariを開きます。下のバーの「共有」ボタンを押します。

f:id:mocchilog:20170323224658p:plain

②「その他」をタップする

f:id:mocchilog:20170323224813p:plain

 

③アクティビティ一覧が出てくるので、「Kindleに送信」をオンにします。

f:id:mocchilog:20170323224951p:plain

これで次から、Safariの「共有」をタップすると、「Kindle」が出てくるようになります。

 

<実際にやってみる>

①Kindleに保存したいWEBページを開いて、下のバーの「共有」をタップします。

「Kindleに送信」のアプリが出てくるので、タップします。

f:id:mocchilog:20170323225731p:plain

②以下の画面になりますから、「送信」を押します。

タイトル、著者の部分は自動的に入力されていますが、必要があれば自分で変更することも可能です。

f:id:mocchilog:20170323225834p:plain

 

③しばらく待つと、「成功」と出てきますから、あとはkindleアプリを開くのみです。

f:id:mocchilog:20170323230024p:plain

 

④ライブラリの一覧に出てきています。

f:id:mocchilog:20170323230217p:plain

 

⑤開くとこんな感じです。

f:id:mocchilog:20170323230319p:plain

 

 

普通の本を読む感じで開くことができます。

ページも縦ではなく横にめくっていきます。驚いたのが、文章にマーカーチェックもできてしまうことです。

f:id:mocchilog:20170323230542p:plain

普通の電子書籍のように保存、利用できるということです。すごいですよね。

確かにアップデート詳細にもこう書かれています。

ウェブページはkindle形式に変換されるため、ページのテキスト、フォント、色を調整でき、あらゆるKindleアプリや端末で閲覧できます。

このウェブページをKindle形式に変換して保存でき、利用できるのは素晴らしいと思いますね。

 

☆☆☆☆☆

WEBページを見ていて、保存しておきたい、あとできちんと読みたいものなどをこれからはkindleに保存しておくのも一つの手だと思いますね。

ただ単にWEBページをそのまま保存されるのではなく、きちんとKindle形式に保存。マークもきちんと引くことができるので便利なことは間違いなしですね。

しばらく積極的に利用してみたいと思います。

 

 

 

www.double-joy.jp

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック