今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【114冊目】『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』ー自国の歴史から学ぶ力をつける

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)

池上彰さんが、東工大で講義したものをまとめた本。

「戦後史」は知っているようで、実は知らないことって多いのではないでしょうか。

学生時代の歴史の教科書でも「戦後史」をやるのは本当に最後の方にチョロっとというイメージです。

ただ、「戦後史」ももちろん歴史です。自分が経験していないことですから、歴史と認識してきちんと学ぶ必要があると思います。

本書では「戦後史」が空白になっていることに対してこう書かれています。

歴史を教える人にとって、戦後史は現代そのもの。自分が経験してきたことは「歴史」と感じません。ところが、自分が経験していない人にとっては、それは歴史なのです。この認識の落差が、戦後史を空白にしてきたのだと思います。

知らない、あいまいになっている戦後史の中から、学ぶことというのはたくさんあるはず。本書ではそれを学ぶことができます。

 

農地解放と財閥解体

農地解放とか財閥解体というのも、なんとなくわかってはいますが、なぜ起こったのかということまでは説明できません。

この農地解放も財閥解体も、GHQが日本が戦争をしない国にしようとした結果ということです。

戦前の日本は国内の経済力が十分ではなく、いわゆる内需が不足していたため、中国大陸やアジアに市場を求めて進出していったと米国は分析していました。日本国内で十分な内需が生まれれば、日本は戦争をしない国になる、というわけです。労働組合が結成されて労働者の労働条件が改善され、収入が増えれば消費が拡大します。つまり内需拡大です。

この内需拡大をするための方法が、この農地解放であり財閥解体であったのです。

特に農地解体で、多くの人が自作農になりやる気がアップ。生産性が高まるわけです。ただ、ここで気を付けなければいけないのは、農地解放で発展した一方で、小さな農地しかない農民ばかりになり、生産コストは高く、農業における国際競争力が失われてっているのが現状です。

時代や環境などの条件によって、ある方法が、効果的になる場合とそうではなくむしろマイナス要因になってしまうことがあるということがわかりますね。

 

☆☆☆☆☆

本書には、他にもたくさん戦後史について書かれています。

政治、政党のこと。自衛隊のこと。教育のこと。などなど。

本書を読んで思ったのが、表面上は知っているけれどもその背景をしらないことが多いな、と。歴史の事実だけ知っていても、その背景を知らないと歴史から学ぶことはできません

さすが池上彰さん!非常にわかりやすくその背景が書かれていますから勉強になること間違いなしです。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉もありますから、少しでも賢者に近づくために本書を読んでみてはいかがでしょうか。

 

新型「New Surface Pro」が正式発表!歴代最軽量!電池持ちも13.5時間!!

Microsoftは2017年5月23日に、上海で実施されたメディアイベントにて新型「Surface Pro」を正式に発表した。

Meet the new Surface Pro - Microsoft Devices BlogMicrosoft Devices Blog

 

「Surface Pro 5」という商品名ではなく、「New Surface Pro」と紹介されています。

各地域で受注を開始、6月15日より出荷。

LTE内蔵モデルも用意されるということですが、そちらの出荷は今年の秋。

残念ながら日本での取り扱いは、現時点では不明とのこと。

 

https://c.s-microsoft.com/en-us/CMSImages/Surface_J_Overview_ImagePanel-new_V2.jpg?version=70dc4648-0585-2e26-2e11-6c1c330fd9bd

Surface Pro – The most versatile Laptop より

 

外観は「Surface Pro 4」とそっくり。しかし、800以上のカスタムパーツを採用して、歴代で最高スペックとなっているとのことです。

 

軽くなり、バッテリー持ちもよく

電池持ちが13.5時間となったのはうれしいニュースですね。(Surface Pro 4は9時間)こういったモバイル端末は、電池持ちは少しでも良いほうが間違いなく良いですからね!

13.5時間ということは、iPadProよりもいいということになります。

 

重さもCore m3モデルが768g、i5モデルが770g、i7モデルが784gとなっていて、i5、i7モデルは以前のモデルに比べて軽くなっています。

「Surface Pro」史上最も軽量になっているということです。

軽くなっているのに電池持ちがよくなっているというのは素晴らしいことですね。

 

音も静かに

スペックアップされた新モデル。作業音は静かになっています。

「Core m3」モデルと「Core i5」モデルはファンレスの仕様に。「Core i7」のモデルも静音性が強化されています。騒音レベルは18db

目安として、20dbは「ほとんど聞こえない」レベルで、ささやきや木の葉のふれあう音ということですから、かなり静かなことがわかります。

うるさいと気になって仕方ありませんからね。

 

ディスプレイもパワーアップ

ディスプレイは2,736×1,824ドットのPixelSenseディスプレイと使用はSurface Pro 4と同じだが、SurfaceBookと同じカスタムシリコンのPixelSense Acceleratorを搭載し、より正確な色表現が可能になっているとのこと。

そのディスプレイもかなりの角度で傾けられるようになっています。ヒンジが改良され、本体を165度傾けられる「スタジオモード」に対応。「Surface Studio」をより使いやすくしている。

この「Surface Studio」は日本でも6月15日に発売が決まっている。

 

165度傾けられるようになったことで、ペンも使いやすくなったのではないでしょうか。Surfaceといえばペンのイメージが僕にはあるのですが、傾けられればペンで書きやすくなりますから。

そのペン「Surface Pen」も、パワーアップ。

レイテンシーは21ミリ秒と感度がアップし反応速度も向上。それだけでなく、筆圧の検知も従来の1,024段階から4,096段階に対応。傾きの検知もしてくれる。

初代モデルよりも2倍正確に、4倍筆圧検知性能が向上していると紹介されています。

 

もちろんキーボードも用意されています。キーストロークは1.3㎜。表面はスエード調の素材ということです。

Surfaceのキーボードは非常に使いやすいです。

 

youtu.be

 

☆☆☆☆☆

全モデルの「Surface Pro4」からみると、何かが劇的に変わったということではないが、基本性能の部分が向上してるという印象です。

軽くなり、電池持ちがよくなり、ディスプレイもよくなり、本体も静かになりなどなど。こういった基本性能のアップは快適に使うために必要なものですから、大事ですね。

残念ながら日本での発売は未定とのこと。期待したいですね。

個人的には、LTE搭載モデルが期待です。

 

関連記事:「Macbook」と悩んだけれども「vaioS11」に決めた理由!SIMカードが入るのがいい!! - 今が大事

関連記事:「Surface3」を購入!!モバイルPCとしてはとても満足!! - 今が大事

関連記事:Microsoftが「Surface Laptop」を正式発表!!電池は14.5時間も持つ!! - 今が大事

 

「Googleフォト」がさらに進化!!3つの機能が追加に

「Googleフォト」使っていますか?

僕は使っています。基本的にすべてバックアップしてくれる「Googleフォト」。

 

関連記事:Googleフォト使ってますか?ー1600万画素までの写真はそのまま保存できる - 今が大事

 

この「Googleフォト」2年前に発表され、2017年現在では毎月5億人もの人が使い、1日12億もの写真やムービーがバックアップされているとのこと。

ものスゴイ数ですよね。

 

この浸透したサービスの「Googleフォト」がさらに進化し、「GoogleI/O 2017」では3つの新機能が発表されました。

 ・Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

 

 

 

youtu.be

「Suggested Sharing」

この機能は、写真に写っている人に自動的にシェアするように勧める機能

今現在もGoogleフォトでは、写っている人を自動的に顔認識している機能があります。この顔認識も驚きの高精度でビックリします。

この機能がさらに強化された感じでしょうか。

 

ワンタップで共有できるということですから、驚きです。しかも、すべてを提案してくるのではなく、過去のユーザーのアクティビティの基づいて提案してくれるというので、共有をよくする人には便利な機能になりそうです。

数週間での提供となるとのこと。

 

「Shared Libraries」

これは、決まった相手に決まった内容の写真を自動でシェアしてくれる機能です。

相手と内容が限定されているという点が、上記の「Suggested Sharing」とは違いますね。

写真がライブラリに追加されると、ほぼリアルタイムでの共有が実施されるといいます。

スゴイですよね~。これも認識機能が優れているからできる芸当でしょう。

これも数週間以内での提供となるようです。

 

「Photo Books」

写真をフォトアルバムにできるサービスを用意。

Googleフォトが自動的に写真の中から選んでくれるのがいいですね。レイアウトもしてくれるというので驚きです。

スマホできれいな写真をとれるようになった今だからこそ、気に入った写真はスマホの中だけで楽しむのではなく、実際の写真にしてアルバムで残しておけたらいいですよね。

 

これはまずはアメリカで提供が開始されます。値段は20ページのソフトカバーフォトアルバムで9.99ドル、ハードカバーフォトアルバムで19.99ドル。

これは日本でもサービスの開始を期待したいですね!!

 

☆☆☆☆☆

「Googleフォト」がさらに便利になってきました。

この3つ目のフォトアルバムは早く使ってみたいですね。

 

こういったサービス、AIの面では、Appleよりもリードしている感のあるGoogle。どんどんいい方向に進化していってほしいと思います。

 

関連記事:音声対応スマートスピーカー「Google Home」今夏日本でも発売へ - 今が大事

関連記事:Googleの新サービス「Google Lens」がスゴイ!!スマホで写すだけ! - 今が大事

 

 

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

  • 作者: ピョートル・フェリークス・グジバチ
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Googleの新サービス「Google Lens」がスゴイ!!スマホで写すだけ!

 

2017年5月17日(現地時間)に行われた、開発者向けのイベント「Google I/O 2017」でGoogleのたくさんの新サービスが紹介されました。

どれもワクワクするもの、興味のわくものだらけだったのですが、その中で、僕がこれは!!と思ったサービスがありました。未来を感じさせるサービスです。

その名も「Google Lens」。簡単にいうと、スマホのカメラに写った映像を解析し情報を与えてくれるサービスです。

 

どんなサービスなのか?

  • スマホのカメラを向けるといろいろな情報を与えてくれるというもの。
  • 花を写すと、それが何の花か認識しその花の情報を表示
  • Wi-Fiのネットワーク名とパスワードを写すと、接続するボタンが表示される
  • 店にカメラを向けると、その店の情報を表示
  • イベント告知にカメラを向けると、イベント情報だけではなく「チケットを入手する」という候補や「予定をカレンダーの登録する」という候補が表示され、そのままGoogleカレンダーに登録もできる

すごいですよね。

スマホのカメラで写すだけでいろいろな情報をえるだけでなく、その後のアクションまで表示してくれる。

これが使えれば、Wi-Fiの設定も誰でも簡単にできます。何か情報を得たいときも、自分で入力する必要がなく写すだけでOKですから、簡単に誰でもできます。

 

Googleフォトと連携

Googleフォトとも連携するとのこと。

例えば、過去に撮影した写真を開いて、その写真のに写っているものの情報も与えてくれるといいます。

今回の発表では、「Google Assisitant」と「Googleフォト」に実装されると発表されたが今後は他のGoogleのサービスと連携が増えていくのではないでしょうか。

 

☆☆☆☆☆

僕も現在、Googleのサービスは多く使っています。Gmail、Google Map、Googleカレンダー、検索、Googleフォトなどなど。

今後もGoogleのサービスにはお世話になること間違いなし。その中で様々なサービスが登場しより便利になっていくことはいいことですね。

 

この「Google Lens」は、目に見えたものをそのままスマホのカメラをかざすことで検索し情報を与えてくれるという、凄い機能です。今後、スマホのカメラを通して検索することが普通になるのかも。

リリースは数か月以内ということですから、楽しみですね。

 

関連記事:音声対応スマートスピーカー「Google Home」今夏日本でも発売へ - 今が大事

 

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 
Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第3版]

Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第3版]

 

 

 

Amazon、「Fire7」と「Fire HD 8」を発売へー値段が最大のイノベーション!!に納得の値段

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bqaMNVpsL._SL1000_.jpg  https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NUVt%2Bd8bL._SL1000_.jpg

Amazonは、2017年5月17日、Fireタブレットシリーズの新モデルを発表した。

旧モデルより薄くなったFire 7と、高性能な「Fire HD 8」の2つ。

発売は2017年6月7日です。

 

「Fire 7」のポイント

旧モデルから、さらに薄くなり、軽くなっている点が特徴です。

厚さは9.6mm、重さは295g。

iPad mini4のWi-Fiモデルの重さが、298.8gですからそれよりも軽くなっています。iPad mini4でもじゅうぶん軽く感じますが、それより軽いということですから快適に使えそうです。

タブレットは軽い方が手が疲れなくていいです。

 

また、ディスプレイにも改善が。

美しく読みやすくなった7インチ型IPSディスプレイを採用しています。画素を正方形にすることで、映像や文字の見やすさを改善したといいます。

 

バッテリーは最大8時間使用可能。

ストレージ容量は8GBと16GBの2種類。microSDも最大256GBまで対応できるので、容量の心配はなしですね。

RAMは1GBとのこと。

 

 

「Fire HD 8」のポイント

「Fire HD 8」はFireタブレットシリーズの中で高性能のタブレット。

解像度は1280×800ピクセルの8インチ型HDディスプレイ

ストレージ容量は16GBと32GB。「Fire 7」と同様にmicroSDは256GBまで対応しています。

 

 

値段が最大のイノベーション

この2つのタブレット。やはり値段が気になるところ。

「値段が最大のイノベーション」と発表されていましたが、その通り。

安いのです!!

「Fire 7」

・8GBモデル : 8,980円

・16GBモデル : 10,980円

 

「Fire HD 8」

・16GBモデル : 11,980円

・32GBモデル : 13,980円

 

とただでさえ、タブレット端末としてはとても安いと感じると思いますが、これがさらにプライム会員ですと上記の価格から4,000円値引きとなるのです!

  ・Amazon.co.jp: Amazon Prime(プライム会員はコチラ)

 

「Fire 7」     通常価格     → プライム会員価格

・8GBモデル : 8,980円     → 4,980円

・16GBモデル : 10,980円 → 6,980円

 

「Fire HD 8」通常価格  → プライム会員価格

・16GBモデル : 11,980円  → 7,980円

・32GBモデル : 13,980円  → 9,980円

 

今回のアップデートは、ディスプレイがよくなったり、microSD対応容量が増えたりと変化はしていますが劇的に何かが変化、進化したというわけではありません。

アマゾンジャパンの人が「価格が最大のイノベーション」というのにも納得です。

5,000円でおつりがくる価格とは驚きです…。

一番高いモデルを購入しても10,000円でおつりがきます。

 

☆☆☆☆☆

プライム会員であれば絶対に購入した方がいいですね、これは。

また、プライム会員になっていない人は、これを機になってみてはいかがでしょうか。

年会費3,900円で動画配信サービス、音楽などをはじめコンテンツも楽しめますし、他にもメリットがいっぱいです!

   Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

 関連記事:「Amazonプライム会員」の年会費3900円はとてもお得!! - 今が大事

 

僕はどっちにしようか迷い中です。

てか両方購入しても15,000円以内か...とさらに迷ってしまいますね。

 

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

 

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック