今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【1冊目】『キャズム』→新商品が売れるのには理由がある「イノベーター理論」と「キャズム理論」

この図を見たことがある人は多いのではないか。

f:id:mocchilog:20140818222722p:plain

 「イノベーター理論」キャズム理論」についてです。

イノベーター理論
イノベーター理論とは1962年に米・スタンフォード大学社会学者、エベレット・M・ロジャース教授が提唱したイノベーション普及に関する理論。
その理論とは、市場にある新商品が投入された場合に、その商品購入への態度により、社会を構成するメンバーを5つのグループへと分類したものである。(新しい商品に対する購入の早い順から5つのタイプに分類)
・イノベーター(革新者)
アーリーアダプター(初期採用者)
・アーリーマジョリティ(前期追随者)
・レイトマジョリティ(後期追随者)
・ラガード(遅滞者)


普及率16%の論理
そして、ロジャースはイノベーターとアーリーアダプターの割合を合わせた16%のラインが、商品普及のポイントであるという「普及率16%の論理」を提唱している。
イノベーターの重視するポイントは商品の新しさそのものであり、新しい価値にあまり注目していないことが特徴。
アーリーアダプターは、新しい価値や実用性に着目して購入する。他の消費者への影響力が大きいことから新しい価値を他の消費者へ伝えてくれる。
そのため、アリーアダプターへの対応、マーケティングが重要だと説く。


キャズム理論
上記のように、「普及率16%の論理」ではアーリーアダプターへの対応が重要ということであったが、ジェフリー・A・ムーアは、ハイテク産業の分析から、アーリーアダプターとアーリーマジョリティとの間には容易に超えられない大きな溝(キャズム)があることを示している。
この大きな溝を超えないと、普及することなく市場から消えていく。
アリーアダプターを捉えるだけでは不十分であり、アーリーマジョリティに対するマーケティングも重要であるという「キャズム理論」を説いている。

と、家にある本などを参考にまとめてみました。

物事の普及には一定のラインを超える必要があるということですね。その一定のラインに潜む「キャズム」を超えることができるのかどうか。この視点から考えるとどの製品にも当てはめることができそうですね。

ちなみに参考にした本はコチラ。

 

 

キャズム

キャズム

 

 キャズム理論を提唱しているジェフリー・ムーア氏が書いている本。数年前に読んで、非常に関心した覚えがある。

この理論は現在の普及しそうなもの、衰退しているものに当てはめてみるととても面白いかもしれない。
しかし個人的な考えでは、ラガードは別にして、アーリーマジョリティとレイトマジョリティの間にも大きな溝(キャズム)があるように思えてならない。
今後、いろいろ当てはめて考えてみようと思う。

 

ポケット図解 ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本

ポケット図解 ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本