今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

電子書籍より紙の本の方が記憶に残る!?

f:id:mocchilog:20140909184248j:plain


電子書籍より紙の本で読んだほうが、内容をよく記憶できる:研究結果 | ライフハッカー[日本版]   から引用。

デジタル化の流れは、森林にとっては良いことでしょう。しかし、記憶にとっては悪いことのようです。最近の研究によると、電子書籍で本を読んだ人は、紙の本で読んだ人に比べて、内容を記憶している度合いが著しく低いことがわかりました。
ノルウェイのスタヴァンゲル大学の研究者、アン・マンゲン(Anne Mangen)氏の新しい研究では、50人の被験者に28ページの短編小説を読んでもらい、後から重要なシーンをどれくらい思いだせるかをテストしました。このとき、被験者の半分はKindleで、残りの半分はペーパーバックで読んでもらいました。

 

こんな記事がありました。
この実験の結果は、紙の本の方が優位であったとのことです。

これは僕も何となく感じていたことでした。
そのため、電子書籍で読む本としては、漫画、小説や軽めのビジネス書、伝記などが中心。
しっかりとしたビジネス書や専門書は紙の本で未だに読んでいます。

理由としては、今まで電子書籍と紙の本を読み比べている中で、しっかりと知識として身につけたい場合紙の本の方が身に付いた感じがしたから。

理由はわからない。同じ文字を読んでいるのになぜだろうと感じていたが、この実験ではこういわれている。

「物語の進行に合わせて紙をめくっていくという作業が、一種の感覚的な補助となります。すなわち、触覚が、視覚をサポートするのです」

と。

紙というものを通じ、ただ読むよりは五感を感じて読むことによって記憶にのこるのかもしれない。
例えば、紙の本には物理的な厚さがあるので、今どのへんを読んでいて、こんなこと書いてあるのはどのへんかなど記憶に残りやすいのかもしれないと個人的には思います。

その他には紙の匂いや色、触り心地も関係しているのかもしれません。


慣れの問題、好みの問題はあると思いますが、電子書籍と紙の本、人それぞれで上手に使い分けていけばいいと思う。
個人的には小説や漫画を読むときには断然、電子書籍の方が好みです。それ以外は、買うときにどっちがいいか結構考えますが、手軽さ保管場所を考えると最近はどうしても電子書籍が主になっています。

 

 

紙の本は、滅びない (ポプラ新書 018)

紙の本は、滅びない (ポプラ新書 018)

 
本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!