今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

美容室で本末転倒だな〜と感じた件

f:id:mocchilog:20140924171056j:plain

 

先日、髪を切ろうと思い、美容室に行った。
初めてのところ(家から近所)であり、電話もしなかったのでこちらとしては今日できればやってもらおうかな〜と。そしてダメでも次の日でも時間とることが可能であったので次の日でもいいかな〜と思い予約だけでもと思って行ったのです。
もちろんネットでホームページみると予約優先ではあるが、予約なくても当日行けばOKと書いてある。

そうしたところ、結論から言うと門前払い的な感じでした。

以下が大体のやりとり。

僕「予約していないんですけど、髪の毛切ってもらいたいんですけど」
店員「いや〜いっぱいで無理ですね」
僕「そうですか…」
店員「そうですね。無理ですね。」
僕「わかりました」
店員「ありがとうございました」

というやりとり。
その日が予約でいっぱいなのはわかったが、違う日を提案することがそのスタッフはできなかったのか?他に都合のいい日を聞けばいいだけなのに。
しかも言い方が「無理ですね」である。なにが無理なのであろう。(別に僕は怒っているわけではない。)

数日後、知人が美容室に行ってきたということで割引券(紹介券)をくれた。どこの美容室かなと思ってみたところ、僕が先日行った美容室であった。

黙ってても来たお客さんを捕まえようとしないで(むしろ積極的に逃がしている)
紹介チケット配ってお客さんに来てもらおうとしている。これは何か変ではないか?
しかも黙ってても勝手に来てくれたお客さんであれば通常料金。紹介チケットだと全メニュー30%OFFだという。どちらがいいかのか明確なのに。

こういうことってたくさんあるのだろうなと思った。
なぜ紹介チケットを配るのか、その事を考えてスタッフみんなが行動できればそのようなことは起こらなかったのではないか。

僕自身、怒っているわけではなく、もったいないなと感じた出来事でした。

一つだけ言えることは、その美容室にはもう行かないなということ。せっかくなら感じのいい美容室でやってもらいたいので。

 

 

「集める」から「集まる」店へ 集客は「地域のお客様」からはじめよう! (DO BOOKS)

「集める」から「集まる」店へ 集客は「地域のお客様」からはじめよう! (DO BOOKS)

 

 

 

リピート率9割を超える小さなサロンがしている お客様がずっと通いたくなる「極上の接客」 (DO BOOKS)

リピート率9割を超える小さなサロンがしている お客様がずっと通いたくなる「極上の接客」 (DO BOOKS)