今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

iPhone6 PlusではなくiPhone6を購入した理由

僕は先日までXperia Z Ultraを使用していた。(iPhone5sからXperia Z Ultraに切り替えた)
今回新しいiPhoneを購入するのにあたって、通常の6か6 Plusどちらを購入するか非常に迷った。
結果としてはiPhone6を購入した。その理由をいくつか挙げたい。


画面がファブレットとしては少し小さい

画面サイズがXperia Z Ultraに比べると6 Plusでも小さい

Xperia Z Ultra → 6.4インチ
iPhone6 Plus →  5.5インチ

f:id:mocchilog:20140930180822j:plain

(iPhone6とXperia Z Ultraの写真)


iPhone6 Plusも5.5インチと大きくはなったけれども、Xperia Z Ultraに比べれば小さい。そしてその約1インチの違いが結構大きいのではと感じたのだ。実際にショップでみてもそれは感じた。
画面が大きいと表示される情報量も多くなり、ネットを見るのにも電子書籍を読むにも快適である。しかし、Xperia Z Ultraよりも小さくなるとそのメリットを感じにくくなるのではと考えた。


すぐに取り出して片手で使える方がいい

Xperia Z Ultraを使うようになって、あまりの快適さにiPhone5SとiPad miniの2台持ちをすっかりやめていた。

しかし、一つだけ難点があった。

やはり大きいのですっと取り出してすぐに使うということができないことが多かった。
そのため、ポケットにも入るサイズで片手ですっと取り出して使うことができるサイズがいいかなと考えたからだ。
ネットをみたり電子書籍をじっくり見ることができるときにはiPad miniで、すっと取り出して使いたいときはiPhone6で、という感じである。

 

なぜ新しいiPhoneを購入したか?

ここまで書いてきて、あれ別にiPhone6を購入せずともiPhone5sとiPad mini の組み合わせで良かったのではないか?と思う人もいるかもしれない。

それでもiPhone6を購入した理由は、やっぱり新しいiPhoneが欲しかったから。

それだけである。実際に購入して1週間であるが、特に画面が大きくなくてもいい人は急いでiPhone6なりiPhone6 Plusを購入する必要はないと思う。

iPhone6を使用いてみて、改めてiPhone5sのサイズ感というものは本当に片手にフィットするものであったと感じます。

 

購入してまだ1週間ほど。また気づいたことを書いていきたいとおもいます。

とにかくまだアプリが対応していないため、iPhone5sの大きさをそのまま引き延ばしたようになっているので非常に違和感があります・・・。

 

 ガラスのフィルム本当にいいですよ。

 

iPhone 6 スタートブック (SB MOOK)

iPhone 6 スタートブック (SB MOOK)