今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

iPhone6にして良かった点、いまいちな点

f:id:mocchilog:20140930180822j:plain

iPhone6を購入して2週間がたちましたので、感想を。

良かった点
・画面がキレイ
・画面が5Sより大きくなった上にギリギリ片手で操作できる
・通信速度が速くなった気がする

いまいちな点
・ギリギリ片手で操作ができるが左上にギリギリ届かない
・角が丸みを帯びている

と、感じる部分はありますが基本的にには気に入って使っています。


大きさ

最も気になる部分はやはり大きさ。
片手でギリギリ操作できるが、ギリギリ届かない部分もあるのが気になるところ。
もともとなぜファブレットからiPhone6 PlusではなくiPhone6にしたのかといえば、スッと取り出して片手で使いたかったから。
という理由で片手で使えなかったらiPhone6にした意味がなくなってしまうが、これであれば使えるので問題なし。
しかもiPhone5sに比べるとやはり画面が大きくなっているので見やすい。画面がキレイになっているのもみやすくなっている要因の一つかもしれない。
電子書籍も問題なくiPhoneのKindleアプリで読むことができる。
    

カタチ〜丸みを帯びている

形が丸みを帯びているので、iPhone5sやXperia Z ultraは丸みは帯びていなかったので非常に違和感があるが、これも慣れでしばらくすると気にならなくなるはず。

 

 

形、大きさともに今後使い込んでいけば、しっくりくるものになっていくとおもいます。

まだ、iPhone6に対応していないアプリが多いためか、画面がそのまま巨大化するアプリが多いのが気になるところです。