今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

「ノート」に手書きで何でも自由に書いていくことは意外といいものだ

手帳を使わなくなった

スマホを使うことが当たり前になってから、手帳を使わなくなった。
理由としてはスケジュールをスマホに入力すれば、PCからでもタブレットからでも確認ができるのでそちらの方が便利だからである。

そういう人も多いのではないでしょうか?

手帳をもっている時は、空白の部分に手書きで結構メモもしていた。そして、手帳を使わなくなってメモも全てスマホ、PCで良いかと思う時期があったが、何となく手帳でなくても手書きでメモをした方が都合がいいと思うこともありノートを購入した。

購入したのはこのノート。

f:id:mocchilog:20150106173810j:plain

購入したときのエントリーはコチラ。


MocchiLog(もっちろぐ) : 【文房具】モレスキンのノート初購入



それから約半年間で1冊のこのノートを使い切りました。
このノートには思いついたこと、気になったことを始めメモ替わりになんでも書いていきました。
そしてその結果は・・・
書いてよかった!!
と思っています。これからも続けていいこうと思います。

 

良かった点

手書きノートがいい理由はいろいろあると思いますが私が一番いいと考えるポイントは
「書き方が自由」ということではないでしょうか。
スマホやPCの場合は基本的には、横書きに文字を書いていくだけ(アプリによってはちがうものもあります)ですが、ノートであれば書き方は自由なのです。
僕が使ったノートは横線もなにもない無地のノートです。小学生のときに使った落書き帳に近いイメージです。だから何も気にしなくてもなんでも書いていくことができる。場合によっては絵も図も書くことができる。
これは本当にいいことだと思います。なにも書き方等気にせず、書くということによって考えも巡らすことができますし、あとでそれに関して思いついたことも自由に書き足すこともできます。

さらにデジタルで保存しておきたいときも、そのノートのページを写真でとってevernoteに保存しておけばOK。
最近はスマホのアプリで写真で撮るだけでPDFで保存できるものもあるのでそれを使えば何の問題もないです。

これからも継続していきます

人それぞれメモ等の方法は違うかもしれませんが、ぼくはノートに手書きで自由に書いていく方法が一番しっくりくるとこの半年でわかりました。
実際に役立ったこともありますし、今後もこれは続けていこうと思います。

手書きで書いて、デジタルで保存。これが今の僕には一番しっくりくる方法かもしれません。
iPad手書きノートのアプリがもっと書きやすくなったら、それが最もいい方法かもしれませんがまだしっくりくるものはありません。

慣れの問題も大きいのかもしれませんが・・・。

 

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

 

 

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]