今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

MVNOの「UQmobile」を契約

XperiaZ UltraにもSIMをいれて使いたい!

今、メインで使っているauのSIMはiPhone6に入っています。
超お気に入りの端末である「Xperia Z Ultra」(通称ズルトラ)にはSIMが入っていません。iPhone6とXperia Z UltraではSIMの大きさが違うのです。
ズルトラからiPhone6に機種変更したときにSIMカードも変わってしまいました。
 
そこで外でズルトラを使いたいときはiPhone6に入っているSIMを差し換えて使えるように、nano SIMをmicro SIMに変換する変換アダプタを購入しました。基本的には問題がなかったですが、若干電波の感度が弱くなってしまう印象がありました。
 
購入したのは確かこれ↓

 電波の感度もあまりよくないですし、それになんと言ってもSIMを差し換えたりするのは面倒でした。

そこで家でWi-Fiの環境下のみでズルトラを使用していましたが、やっぱり外でも使いたい!ということで今注目の格安SIMをということになりました。
 

mineoかUQmobileか

ただ、僕の持っているズルトラはSIMフリーのものではなくauから発売されたものですので格安SIMも種類が限られます。
mineo か UQmobileです。
契約して使えなかったら困りますので、きちんと動作確認機種一覧を確認したところどちらの会社でも僕の持っているズルトラは使えることがわかりました。
 
そしてどちらの会社にするのか決めなければなりません。
そこで両方のサイトをみて比較してみることにしました。

mineo.jp

www.uqmobile.jp

 
このズルトラで電話をすることはないので、電話機能はなしのプランでOKということになります。
データ量としては外で動画をみることもないので、2GBあれば充分なので2GBで選択することにしました。
 
両者の月々の値段。(音声機能はなし)
mineo→980円(月間2GB、使い切った場合でも最大200kbpsで通信可能)
UQmobile→980円(月間2GBまで、使い切った場合でも最大200kbpsで通信可能)
 
となり、全く同じなのです。
これは困った。少しでも安いほうにしようかと思っていたので。
ただよく読んでいると違いに気が付きました。
 

決め手は最低利用期間

それは最低利用期間のあり、なしでした。
UQmobileの音声がないプランに関しては、特に最低利用期間がないのです。つまりいつでも解約するこができる。ということで UQmobileに決定しました。
これは大きいですよね。
 
早速、そのままホームページから申込みしました。
手数料は3000円(税抜き)かかるようですが、それは仕方ありません。
申込みもネット上ですぐに終わりました。あとは届くのを楽しみに待つだけです。