今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【31冊目】『「好き嫌い」と経営』→経営者にはこだわりがある

「好き嫌い」と経営

14人もの経営者との話

本書は、楠木建氏と各経営者の対談形式で書かれています。
本書の狙いは以下のように書かれている。

 

本書のメッセージを一言でいえば、「好き嫌いの復権」である。とかく「良し悪し」の傾斜しがちな経営論において、「好き嫌い」の視点なり切り口なりを取り戻すきっかけとなれば、本書のねらいは達成されたといえる。


それぞれの経営者の「好き」「嫌い」が経営に関することだけでなく、関係ないことまで書かれていて非常に面白く読めるます。

登場する経営者も以下の通りです。非常に贅沢な顔ぶれであると思います。

1.永守重信 日本電産 代表取締役社長   「何でも一番」が好き
2.柳井正 ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長  「デカい商売」が好き
3.原田泳幸 日本マクドナルドホールディングス 取締役会長   「雷と大雨とクライシス」が好き
4.新波剛史 ローソン 取締役会長  「嫌いなやつに嫌われる」のが好き
5.佐山展生 インテグラ代表取締役パートナー  「偉そうにする」のが嫌い
6.松本大 マネックス証券 代表取締役社長CEO   「小トルク.高回転」が好き
7.藤田晋 サイバーエージェント代表取締役社長  「今にみてろよ!」が好き
8.重松理 ユナイテッドアローズ 名誉会長  「一番好きなことを最初にやる」のが好き
9.出口治明 ライフネット生命保険 代表取締役会長兼CEO  「活字と歴史」が好き
10.石黒不二代 ネットイヤーグループ 代表取締役社長兼CEO  「理系のギーク」が好き
11.江幡哲也 オールアバウト 代表取締役社長兼CEO  「図面を引く」のが好き
12.前澤友作 スタートトゥデイ代表取締役  「人との競争」が嫌い
13.星野佳路 星野リゾート代表  「スキーと目標設定」が好き
14.大前研一 経営コンサルタント  「実質を伴わないもの」が嫌い
15.楠木建 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授  なぜ「好き嫌い」なのか?

 

それぞれの経営者の、「好き」「嫌い」がはっきりしてい非常に面白いです。

特に、日本電産の永守氏は非常にハッキリしている。この方の話は個人的にはオススメです。その他の人たちの話の中でも、普通のビジネス書には出てこないような話も出てきて楽しく読めます。

 

こだわりって大事ですよね

やはり当たり前のことですが、経営者にも様々なタイプの人がいます。こだわる所も人によって全く違います。
そのこだわりのようなものが各経営者の話から感じるとることができます。
やっぱりこだわりって大事ですよね。


僕もこだわりをもって生きていきたいと思います。
ただ、共通することはどの経営者も基本的にはたくさん働いているなあということです。

好き嫌いがはっきりしているのは、やっぱり気持ちがいいですね。

 

「好き嫌い」と経営

「好き嫌い」と経営