今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

住民税の納付書が届きました。高い…

高い

今年も届きました。住民税の納付書。はっきり言って高いですよね・・・。

僕の場合は期限が、6月、8月、11月、1月に分かれている納付書が届きました。

これは一括払いと4回払いが選べるシステムのようですが、僕の今回の場合で一括払いをしたい時は4枚分一気に払えばすみますね。

僕は4回に分けて払うつもりですが、はっきりいってそれでも高いと思います。

 

サラーリーマンの場合と違う

サラリーマンの場合は、毎月住民税分を給料から天引きされていると思います。

その金額は。会社が従業員が住んでいる役所に提出する「給与支払い報告書」というものをもとに計算し、毎年5月までに会社宛に「住民税の決定通知書」というものを発送します。

そしてそれをもとに、給料から天引きされるということです。

この方法を「特別徴収」といいます。

反対に、僕のように一括払いか4回払いの方法は「普通徴収」というのです。

給与からの天引きがあくまで特別なのですね。

 

天引きでない方がいいのでは?

天引きされているとあまりこういった税金に意識がいかないかもしれませんが、実際に納付書が届くとどれくらい払っているか実感します。

天引きの場合もなんとなく住民税高いなあと感じると思いますが、毎月ひかれているのでそこまで意識することはないかもしれません。「税金て高いなあ〜」くらいではないでしょうか。

僕も天引きされているときは実際にそう感じていました。

会社員の人も住民税の天引きをやめて、自分で納付するようにしたほうがいいかもしれません。税金への意識も芽生えると思いますし、その税金を払っている意識の分政治などにも興味がでるのかもしれませんね。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

 

 

 

最新 税金のしくみ (図解で早わかり)

最新 税金のしくみ (図解で早わかり)