今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【Kindle】2015年8月「月替りセール」より気になる3冊を紹介

時間が経つのは非常にはやいものです。時間は大切にしたいですね。

先月は体調不良と仕事に追われ読書もほとんどできませんでした。体調管理は重要だと再認識しましたので、暑い日が続きますが気をつけたいと思います。

今月もやってきました。「Kindle月替わりセール」です。

気になる3冊を紹介します。

 

『現代語訳 学問のすすめ』 福澤諭吉,斉藤孝

現代語訳 学問のすすめ (ちくま新書)

現代語訳 学問のすすめ (ちくま新書)

 

 

アマゾン内容紹介より

近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉の大ベストセラー『学問のすすめ』を、原書のリズムをいかしつつ、文語を口語に移した現代語訳。国家と個人の関係を見つめ、世のために働くことで自分自身も充実する生き方を示した彼の言葉は色あせない。時代情勢を的確に見極め、今すべきことを客観的に判断する力を身につけよう。

 

あの福澤諭吉の『学問のすすめ』です。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず・・」という有名なことばが書かれている本書。

当時の言葉では分かりにくい表現も原書ではでてきますが、それをわかりやすく現代語訳にしてあります。もともとそれほどわかりにくい表現は含んでいない本書ですが、それをさらにわかりやすくしてあります。

本書は僕も好きな本であり、本書は既に読んでいますが本当におススメの一冊です。

以前ブログにも感想を残しています。

blog.livedoor.jp

 

羽生善治 闘う頭脳』

羽生善治 闘う頭脳 (文春e-book)

羽生善治 闘う頭脳 (文春e-book)

 

 アマゾンの内容紹介より

本書は羽生さんの全面協力のもと、新規ロングインタビュー、作家・沢木耕太郎さんとの対談を中心に、各誌が掲載してきた記事を五つのキーワードで分類し、構成しました。ここには、ビジネスにも役立つ「羽生流」の発想のヒントが詰まっています。

 

羽生さんの本好きなんです。アマゾンの内容紹介にも書いてありますが、羽生さんの本はビジネスに役立つことが多く含まれているんですよね。

羽生さんは現在44歳だそうです。将棋の世界では30代がピークと言われています。ピークと言われている年齢をすぎても、トップに居続ける人物に関する本ですので、おもしろくない訳がありません。

 

 

イノベーションの最終解』

イノベーションの最終解 (ハーバード・ビジネス・セレクション)

イノベーションの最終解 (ハーバード・ビジネス・セレクション)

 

 アマゾンの内容紹介より

本書は、ハーバード・ビジネススクールの看板教授のひとり、クリステンセン教授が、「イノベーション」という言葉を世に知らしめた『イノベーションのジレンマ』、イノベーション・マネジメントの新基準を示した『イノベーションへの解』などで展開してきた理論を、さまざまな業界に応用し、イノベーションがもたらす破壊を予見するための手法を示した画期的到達地点である。

あの『イノベーションのジレンマ』の著者の本です。

理論構築に関する本ではなく、理論を活用して将来への洞察を得るための本だと言います。理論は活用しなければ意味が薄れてしまうとおもいますので、期待の一冊ですね。