今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【47冊目】大沢在昌氏の「坂田勇吉」シリーズ3冊

大沢在昌さんの「坂田勇吉」シリーズ読みました。

全部で3冊ですね。
 
Kindleで何となくダウンロードしたものですから、読む順番完全に間違えました。
そもそもシリーズものと知らなかったのです。
シリーズの1番最後から読んでしまいました。それでも十分楽しめましたけど。
 
正しくは以下の順で読んだ方がいいです。
①『走らなあかん、夜明けまで』
新装版 走らなあかん、夜明けまで (講談社文庫)
 

 

②『涙はふくな、凍るまで』
新装版 涙はふくな、凍るまで (講談社文庫)

新装版 涙はふくな、凍るまで (講談社文庫)

 

 

 
③『語りつづけろ、届くまで』
語りつづけろ、届くまで

語りつづけろ、届くまで

 

 

 
このシリーズの主人公「坂田勇吉」は一般の人です。食品会社に勤めるごく普通のサラリーマンです。
そのサラリーマンが様々な事件に巻き込まれていきます。その中でこの普通のサラリーマンはどうするのか??
という物語です。どきどきしますね。主人公が刑事や探偵ではなく、全くの素人ですのであまりない設定かなと思います。
著者の本は好きで今までも多く読んでいましたが、今回読んだこの3冊は今まで読んだものと少し違い新鮮な気持ちで読むことができました。
 
 
次はこの作品を読みたいですね。早く電子書籍になってほしいです。
雨の狩人

雨の狩人