読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【50冊目】『指名される技術』ー偶然を必然に

リピートさせることは非常に重要

本書はあのホリエモンこと堀江貴文さんと、「シーマン」の斎藤由多加さんです。本書が面白くないわけがありません。

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

 

アマゾンの内容紹介より

今回、ホステスを題材にこの本を書こうと思うに至った理由も、それと似ています。具体的に言うと理由は二つ。一つは、ホステスさんたちがいるクラブ業界は、こころが折れそうになる、そんな激しい競争の中で、クライアントをリピートさせる高度な技術を数多く持っている人たちがたくさんいる業界だということ。そこに僕らが学ぶことはとても多い。そしてもう一つは、にもかかわらず誰もその価値に全く気づいておらず、ママたちが書く本などは何かと「情熱」とか「真心」といった精神論や美学で片付けられている。おの「見向かれね価値」に目をつけ、各々の体験から彼女らの手法を分析しつつできたのが本書です。
 
冷静に考えるとそうですよね。ホステスは相当な数いるはずなのに、その店に行き同じホステスのところに行き続ける。お客さんを完全にリピート客としています。それは、すごいことだと思います。どの商売もリピート客が多ければ多いほど儲かるはずであり、リピート客を増やすことに力を入れているはずです。
そんなリピート客をひたすら作るホステスさん。これは参考になることが多いはず。
 
さらに、銀座のママとかが書いた本は僕も多くはないですが読んだことはあります。そこに書かれているのは確かに、「真心」や「情熱」など精神的なことが多く書かれていた記憶があります。もちろん根底にはその気持ちが重要だと思いますが、ただリピートさせる直接的な方法もあると思います。その手法が書かれた本です。
 

脇役の空気を読む技術

映画界や芸能界ではあたりまえのことですが、主役というのは一見華やかに見えますが、本当に息が長いのは脇役です。
(中略)
だから脇役の人たちは「空気を読む技術」がすごい。

 

指名され続け、成績を上げるためにはこの「脇役」がキーだと言います。
成功したとき、ついつい自分をアピールし自分をを売るこもうとしてしまうことは多いと思いますが、本書ではそれがマイナスの方向に向かってしまうことがいくつも書かれています。
「主役は誰なのか?」この考えが抜けてしまうと、自分をアピールしすぎたりしてうまくいかず、リピート客も掴むことができないのでしょうか。
 

ノウハウとは何?

ところでノウハウとはなんでしょうか?
ノウハウとは、一見無関係に見える因果関係の中にパターンを見つけ出すことを言います。パターン(=規則性)さえ発見してしまえば、こっちのものです。
偶然を必然に変え、確実に結果を得ることができる。このやり方を世の中では「科学」と呼んできました。精神論で「運を味方にする」というのは、実はそういうことを言うのです。
ビギナーのホステスさんたちは、「どうしたら指名してくれるか、くれないか」と言う事を研究することから始めるそうです。
これを常にできている人はいるのでしょうか。もちろん企業単位では、お客さんを逃さない方法を考えている部署もあるかもしれません。ただ、働いている個人個人がそういうことを考え、行動すればよりリピート客は増えるかもしれませんね。
「偶然を必然に変える」この方法を見つけることができるかどうかによって、成果は全く変わってきそうです。
 
 

言いにくい事こそ直接話す方が良い

最近は基本的にはメールなどで連絡することが多いと思います。最近では、「会社を休むこと」ならまだしも「辞める事」までをLINEで送ってくる人がいるというのですから驚きです。
ただ著者はこれは良くない事だと言います。メール等は避けて、直接話す方が良いと。
その理由はこう書かれています。
こちらが伝えたい情報と向こうが聞きたい情報が”違う”からです。これを内包したままだと「すれ違い」状態になり、あとで取り返しのつかないことになる。
一方的なメールだと猜疑心を倍増させるだけだと言います。直接話すことによって、当事者意識が芽生え、共感も生まれると言います。
確かに僕自身もそうですが、言いにくい事をついついメール等でしてしまう傾向にあります。これは今後気をつけていきたいものですね。
 
 

願望が大事

本書の最後に著者が言っておきたい一番大事なことが書かれています。
絶対に自分の願望を見失わないでほしい、ということです。
 
常にゴールを見据え、そこに向かって邁進していることが安定への力です。そして人生でスピードと安定をもたらすのがこの「願望力」だと思っています。
つまり願望は人間の力の源泉です。
願望力というのは、その願望を生きるエネルギーとすることです。

 この願望を失ってしまったら死んでいるのと同じだと言います。願望を大事にする。あまり言われないことかもしれませんが、僕自身「自分の願望が何なのか?」ということを今一度しっかり考え行動していく必要がありそうです。

 

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術