読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

iPhone6Plus(6s Plus)はiPad mini の代わりにはならなかった

やっぱりiPadminiは必要

f:id:mocchilog:20151120183659j:plain

約1年前、iPhone6plusを手に入れたとき、これでiPad miniは要らなくなるかも?と思ったことがありましたが、約1年近く使って感じたことがあります。

スマホが大きくなっても、iPad miniをはじめとしたタブレットは必要ですねということです。

 
iPhone6Plusは5.5インチ、iPad miniは7.9インチ。
この差は大きいということです。この差が個人的には大きく、どうしてもiPad miniから離れることができず、iPad mini4も購入してしまいました。
 
特にどんなときにこの差を感じるかというと以下の3つです。
 

本を読むとき

iPhone6Plusでももちろん問題なく読むことができますが、iPad miniの方が断然読みやすいです。その差は歴然です。
当たり前かもしれませんが、大きい方がやはり見やすいのです。
 
しかもiPad mini4以前のモデルよりも、薄く軽くなっているので長時間もっていても疲れません。
しかも画面に反射しにくい「反射防止コーティング」もされているので快適です。以前のモデルだと自分の顔が結構写り込んでいて、気になりだすと不快でした。iPadmini4は、反射して自分の顔はうつりこんでこないため非常にいいですね。
        

ネットを見るとき

ネットをみるときもその差はでます。
iPhone6Plusですと、基本的にはスマホ用のページが表示されます。スマホ用のページって読みやすいですが、1ページあたりの表示量が少ないというか何かスカスカな感じです。
やはりネットをみるにはPC用のページの方がいいです。
1ページあたりの情報量が多い方がいろんな情報量にふれることができますからね。
iPad miniはその点、基本的にはWebページはPCサイトが表示されます。快適そのものですね。
 

文章を書くとき

iPad miniを使って文章を書くことにもよく使います。その時はソフトウェアキーボードではなく、Bluetoothのキーボードを使って書くのですがiPhone6Plusではそれをするには小さすぎます。
そうするとやはりiPad miniも必要ということになります。
 
 
この3つは僕が一番使う機能です。
その3つの点においてiPad mini4の方が優れている面が多いのでiPhone6PlusがiPad miniの代わりにはならないと僕の場合は感じます。ただ、これは人によると思いますので、じゅうぶんにiPhone6PlusがiPad miniの代わりにはなって不要になる人ももちろんいると思います。
当たり前のことですが、自分の一番重要視する用途にあったデバイスを使うことが一番ですね。