今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【Kindle】2016年2月の「月替りセール」からおススメの本を3冊紹介

Kindle月替わりセールは、毎月行われています。40%OFFからということで、非常にお得になっています。

この中で気になった本を3冊ピックアップしたいと思います。

 

『晴れの日に、傘を売る。』

晴れの日に、傘を売る。

晴れの日に、傘を売る。

 

Amazonの内容紹介より

かつて高級品だった傘は、いまや「500円」がスタンダード。革命を起こした”ウォーターフロント”を生んだのは、自由が丘の小さな傘メーカー。浪漫を追い求める社長の頭の中は、寝ても醒めても傘のこと。夢は「折り畳まない折り畳み傘」。浮利を追わず、あくせく生きて、いつか「人類を傘から解放する」。

 ウォーターフロント waterfront - いつも、あなたと雨の間に。 -

ウォーターフロントの傘使ったことある人もおおいのではないでしょうか。僕も折り畳み傘は「ウォーターフロント」のものを使っています。バックの中に入れてあっても邪魔にならなくていいんですよね。

そのウォーターフロントを生み出した著者の本です。傘への情熱が感じられそうな本ですから読むのが楽しみです。

 

宮沢賢治 傑作選』

以下の10作品が掲載されているとのこと。

銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』『グスコーブドリの伝記』『セロ弾きのゴーシュ』『よだかの星』『やまなし』『オツベルと象』『なめこと山の熊』『どんぐりと山猫』『風の又三郎

不朽の名作だらけですね。こういった作品は小学生や中学生の時に読んだことある人も多いのではないでしょうか。僕も読んだ記憶があります。大人になってから、こういった作品を読むとまた違う読み方、感じ方ができると思います。それが99円!安いですね。しかも19Pt還元がありますので、99円-19Pt=実質80円!

読んだこともないものもあるので読んでみようと思います。

 

羽生善治×川上量生「羽生さんはコンピューターに勝てますか?」』

Amazonの内容紹介より

いま、人口知能の世界にブレイクスルーが起きている。人間がコンピューターに負ける時代が来るのか?

この最も注目が集まる分野について、二人の才人が語りつくした。ひとりは史上最強の棋士にして、人工知能についても並々ならぬ興味と豊富な知識をもつ羽生善治名人。かたや、コンピューター対プロ棋士が対局する棋戦を主催するにとどまらず、人工知能研究所を設立したドワンゴトップの川上量生氏。

人工知能の現状にはじまり、人類の行く末、コンピューターとの勝負の行方から、ついには人類の未来まで徹底的に語り合った。

 

人工知能の話題は最近盛んですよね。その人工知能に関する対談です。しかも僕の好きうな羽生善治さん。羽生さんの人工知能の話はきっと面白いはず。

ニコニコ生放送」で配信され、週刊文春2015年8月13・20日号に掲載されたスペシャル対談の内容をすべて網羅した完全版だといいます。

この本も安いのです。99円で19Pt還元ですので実質80円