今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

読書には「Kindle Paperwhite」が最高な7つの理由

f:id:mocchilog:20160210091452j:plain

読書する時、何で読んでますか?
僕は最近は基本的には電子書籍で読んでいます。
 
読みたい本が紙のものしか発売されていない時は紙の本を購入して読みますが、両方発売されている場合は迷いなく電子書籍を購入しています。そして電子書籍にも様々な種類がありますが、その中でもAmazonのKindleで購入することがほとんどです。
 
その電子書籍は何のデバイスで読むのかということですが、iPhone、iPadでももちろん読みますが、ほとんどはKindle Paperwhite を使って読んでます!
今回はなぜKindle Paperwhiteで読んでいるのか?Kindle Paperwhiteの魅力を書いてみます!!
 

1.集中できる

まず集中できます。なんと言っても読書に集中できるのです。
 
どういうことかといいますと、Kindle Paperwhite には本を読む以外の機能はないのです。これが読書にはいい効果を発揮します!
 
iPhoneやiPadだと本当に様々な機能がついています。メールもメッセージもツイッターもニュースも見ることができます。
 
もちろんそれはそれで便利ですが、一つだけ問題があります。
それは、読書中についつい気になって読書以外の機能を開いてしまって読書に集中できないということ。
単に、僕の集中力がないといえばそれまでなのですが…。
 
その点、Kindle Paperwhite であればそういった心配はいりません。
ニュースもメッセージも見ることができないのですから。
以前、iPhoneやiPadで様々な通知をオフにして、読書に集中するという作戦を実行しましたが僕の意思のあまりの弱さにうまくいきませんでした。
 
 

2.目に優しい感じがする

Kindleにはこういった設計になっています。
e-inkという技術を採用して全く反射しません。スマホやタブレットの画面よりは間違いなく本物の紙に近いと思います。
 
さらにフロントライトというディスプレイの表面を照らす技術も搭載されているとのこと。タブレットの場合はバックライトといって目に向けて光を当てるのではないといいます。
寝る前に真っ暗な部屋の中でスマホやタブレットを見ると明るさを調節して一番暗くしても結構まぶしくて目にくる感じですが、Kindle Paperwhite はそうではありません。
これは体感してみれば一番わかると思います。
 
Kindle Paperwhiteを見てから、スマホを見るとめちゃくちゃ眩しく感じますよ。
 
 

3.手が疲れない

軽いんですよ。重さを比べると以下の通りなので、iPhone8 Plusの方が軽いのですが全然そんな感じがしません。ある程度大きさがあるため、軽く感じるのかもしれません。
あ、iPhoneはケースをつけているのでもう少し重くなっていますね。
 
・Kindle Paperwhite(ニューモデル)Wi-Fi 205g
・iPhone8 Plus  202g
・iPadmini4(セルラー) 304g
 
基本的に家で読むときはある程度まとまった時間で本を読みます。そうすると少しでも軽いほうが手が疲れません。
 

例えば、紙の書籍を読むときも、文庫や新書サイズの本を読むときは片手で持てますし軽いですから長時間読んでいても疲れませんが、ハードカバー、特に厚い本を読むときは手が疲れますよね。それと同じで、端末も少しでも軽く感じるほうがいいのです。

 

4.大きさもちょうどいい

大きさも文庫本を少し大きくしたくらいでちょうどいいのです。

f:id:mocchilog:20180520134305p:plain

実際に比べてみると、左から文庫本、Kindle Paperwhite、新書です。

 

新書の大きさって絶妙だと個人的にはいつも思っているのですが、その新書と同じくらいの大きさです。 

  

 

5.本の保管場所に困らない

読書が好きな人の共通する困ったことがあると思います。それは、本の保管場所

本は知らないうちにどんどんたまってしまいます。

いらない本は捨てればいい!と思いますが、なかなか捨てることができない人も多いのではないでしょうか。僕はそのタイプです…。

 

それが電子書籍であれば、サーバー上に保管されていますから、読みたい本をダウンロードするだけでOK。何千冊、何万冊持っていようが、本で部屋が埋もれることはありません。

 

読みたい本をタップするだけ。

漫画なんかは1シリーズ購入すると、それだけでかなりの量になってしまいますが、電子書籍はそんな場所の問題が一気に解決します!! 

 

 

6.何冊でも持ち運べる

本を何冊でも持ち運ぶことができることもメリットですね!

紙の本だと2冊3冊と鞄の中に入れておくと結構な重さになります。

Kindle Paperwhiteだと、何冊でも重さは変わりません。Kindle Paperwhiteの重さだけ。

 

自分の本棚を常に持ち運んでいるようなものです。

読みたいときに読みたい本をすっと取り出して読むことができる!最高ですね!

 

 

7.読みたい本をすぐに購入→読書可能

読みたい本をすぐに購入して、読み始めることが可能です。

紙の本であれば、本屋に行くかネットで注文して届くのを待たなければなりません。

 

Kindleであれば、本をネットで注文しその場ですぐにダウンロードすることが可能です。そうすれば、すぐに読書を開始できます。

本は読みたい!と思ったときに読むことができれば一番いいと思いますから。

 

 

☆☆☆☆☆

以上、Kindle Paperwhiteのメリット、電子書籍全般のメリットも入りましたがKindle Paperwhiteでの読書が最高ということでした!

ぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

 

Amazonのプライム会員になっていれば、さらにお得に購入できますよ!

・「Amazonプライム会員」の年会費3900円はとてもお得!! - 今が大事