読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

飲み物代に結構お金がかかっている→水筒を活用して節約を

f:id:mocchilog:20160212185023j:plain

一日の内水分補給は何回?

仕事中に水分補給をほとんどの人がしていると思います。コーヒーやお茶、水などを飲みながら仕事をしている人も多いと思いますし、休憩時にもコーヒーやお茶など飲む人がほとんどだと思います。

僕自身のことを考えると、結構多くの水やお茶を飲む方です。
そこでそのお金だけで毎月いくらくらいかかっているのか計算してみました。
 

飲み物代にいくらかかっているか?

僕が購入していたのはこんな感じです。
①朝電車に乗る前に500mlのペットボトルの水かお茶を購入
②10時くらいに缶コーヒー購入
③夕方500mlのペットボトルの水かお茶を購入
④18時くらいに缶コーヒー購入
 
①と③は120円〜160円ですので平均をとって140円とします。
②と④の缶コーヒーはいつも同じものを購入ですから130円です。
 
140円×2回×30日=8,400円
130円×2回×30日=7,800円
合計すると、1か月に16,200円。1年間に換算すると194,400円。
結構な金額ですね。他にも缶コーヒーが多かったり、暑い日にはペットボトルが増えたり、寒い日にはあったかいお茶をを購入することもありますから、実際はこれよりも多く使っていると思います。
 
 

水筒で節約

ということで、これを少し節約してみようと考えました。
まず、水筒を購入です。これを購入しました。コップにうつすことなく、
象印 直飲み ステンレスマグ480mlシナモンゴールド 軽量タイプ SM-SA48-NM

象印 直飲み ステンレスマグ480mlシナモンゴールド 軽量タイプ SM-SA48-NM

 

 水筒にティーバッグになっているお茶を入れ、お湯を入れます。

少なくなったら職場のポットからお湯を足します。十分に一日持ちますね。

今は冬で寒いですから、あったかいお茶でいいですのでポットのお湯を足すことで問題ないですが、夏は水も水道水を足さなければなりません。気にならない人はいいかもしれませんが、水道水は嫌という人は2本水筒を持っていく必要がありますね。
ただ、東京でも水道水飲めるよー!みたいな運動をしているようですね。
また、コーヒーに関しても缶コーヒーをやめて、インスタントコーヒーにしてみました。
缶コーヒーはっきり言って僕自身美味しいと思って飲んではいませんでした。缶コーヒーよりはまだインスタントコーヒーの方が断然美味しいですね。安いですし。
 
これでかなりの節約になっているはず。皆さんも水筒をもつ生活してみてはいかがでしょうか。
 

 

象印 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ダークココア SM-KB48-TM

象印 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ダークココア SM-KB48-TM

 
象印 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml シナモンゴールド SM-JD48-NL

象印 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml シナモンゴールド SM-JD48-NL