読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

Amazon、「Kindle Oasis」を正式に発表!最薄・最軽量、電池もちは驚きの数か月!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/71bKgOxAejL._SL1000_.jpg

 

本日、Amazonが新型のKindleデバイスの「Kindle Oasis」を正式に発表した!

この新型の特徴としては、史上最薄・最軽量であること。

最薄部が3.4mm、Wi-Fiモデルで131g(Wi-Fi+3Gでも133g)ということ。

iPhone6sの厚さが、7.1mmということですから、iPhone6sの半分以下の厚さということです。それを想像してみるとかなり、薄い!!

これまでのKindleデバイスと比較しても、20%軽く、平均で30%薄くなっているといいます。これは、実際に持ってみると実感できるレベルで違ってくると思います。

 

 

魅力的なデバイス

解像度

300ppiの高解像度ディスプレイを採用している。さらに、これまでのKindleよりも60%多くLEDを使用し、スクリーンの輝度と明るさの均一性を向上させたといいます。

これはいいですね。ぼくの使っているKindle、明るさが画面上で明るさが均一じゃない気がすることがありましたが気のせいではなかったのですね。そういった部分も改善されています。

 

バッテリーが持ちまくる

端末に付属のバッテリー内臓カバーを装着したまま充電すれば、両方が充電され、端末の電池が減ってきたら、カバーが自動的に端末を充電。なんとその電池のもちは、数か月。長持ちしすぎです。

 

人間工学に基づいたデザイン

見た感じ少し変わっています。

http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/kindle/dp/2016/kws/kw-feature-ergonomic-design._CB276696000_.jpg

人間工学に基づいて設計されたグリップが、重心を手の中におさめるもので、本の背表紙のように端末が手の中でしっくり落ち着く設計とのこと。

ただ軽く薄いだけでなく、しっくりくるように作られているということ。長時間読書することも多いのでうれしいですね。

 

 

価格は強気の設定

今までのKindleと比較すると高めですね。

Wi-Fiモデル(キャンペーン情報あり)→35,980円

Wi-Fiモデル(キャンペーン情報なし)→37,980円

Wi-Fi+3Gモデル(キャンペーン情報あり)→41,190円

Wi-Fi+3Gモデル(キャンペーン情報なし)→43,190円

 

今までの上位モデルである「Kindle Voyage」でさえ23,980円からでしたから、結構強気の価格設定だと思いますね。

欲しいですが悩んでしまう値段設定です。

このキャンペーン情報の有無ですが、「なし」をオススメしますね。これ、「あり」ですと起動時に広告がいちいちでてくるということ。2,000円でこの広告から解放されるのであればその方がいいと思います。

 

Kindleの比較表です。Kindle より引用です。

f:id:mocchilog:20160414213005p:plain

 

予約はすでに開始しています。発売は2016年4月27日ということ。