読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

「Kindle PaperWhite」を3G付きを選んだ理由

最近、新しいKindle PaperWhiteを購入しました。
購入したモデルは、「Kindle PaperWhiteのWi-Fi+3G、キャンペーン情報なしモデル」です。
そのモデルを購入した理由を書きたいと思います。
 

f:id:mocchilog:20160510175613j:plain

3G付きが最も欲しかった

以前持っていたKindle PaperWhiteはWi-Fiモデルでしたが、今回購入するのにあたって最も欲しかった機能は3G付きです。
 

常に同期したい

その理由としては、「外で読んだものも同期したい」です。
僕は、基本的にはKindle PaperWhiteで本を読みますが、iPhoneでもiPadでも読みます。
例えば、電車で座れたときはKindle PaperWhiteを使ってじっくり読んで、電車を待つ少しの時間なんかはiPhoneを取り出して読みます。
  • ある程度時間をとれるとき→Kindle PaperWhite
  • 短いスキマ時間の時→iPhone
という感じです。このときに問題が発生するのです。iPhoneで読んだものは、iPhoneはもちろん通信機能がついているので問題なく読んだ場所を同期してくれるのですが、外でKindle PaperWhiteで読んだ場合Wi-Fiモデルだと通信できないため読んだ箇所で同期ができていないのです。
 
これだとまたiPhone側で読んだところまでページをめくる必要がでてきます。これは面倒極まりないですよね。
ということで通信機能のついているKindle PaperWhiteがほしかったのです。そうすれば、この問題は解消されます。
 

通信費は無料

Kindle PaperWhiteの通信費は無料です。3G機能付きのものの方がなしのものと比較して、本体代が5,200円高いのですがそれだけです。その後、通信費を請求されることはありません。
月々通信費がかかってしまうのであれば、この機能は考えてしまいますが最初に少し高いお金を払えばその後が無料であればこれはありです。
 
Kindleでしか本を読まない、Kindleは家でしか使わず外では基本的に通信機能があるスマホやタブレットで読むという人はこの3G機能はいらないと思いますが、そうではなく外でもKindle、スマホ、タブレットをフルに使って読書をする人にとってはこれは必須の機能だと思います。
 

キャンペーン情報なしモデル

キャンペーン情報なしのモデルを選んだ理由は、いちいちキャンペーン情報を見るのが嫌だったということです。
キャンペーン情報ありのモデルを使ったことがないので、どんな感じか正直わかりませんがスリープ状態から立ち上がらせたときにキャンペーン情報が出てくるらしい。これをスワイプしてから読書を開始しなければならないです。
この一つ多くの作業をするということは、慣れれば面倒に感じないのかもしれませんがなければない方が間違いなくいいですよね。
例えば、iPhoneも以前はパスコードを打ち込んで使っていましたが、今ではTouch IDがあってホームボタンに指を置くだけでロックが解除できます。このパスコードでの解除に戻れるかというともう戻りたくありません。
 
といったように、一つの余計な動作というのは、ない方が間違いなくいいと思います。
しかもこのキャンペーン情報「あり」と「なし」との金額差は、2,000円。2,000円で余計な動作を減らせるのであればこれは「なし」を選ぶべきではないでしょうか。
 
 
新しいKindle PaperWhiteがきてから、読書がはかどっています。いや、はかどりまくっています。
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

お金に余裕ができた際には、Kindle Oasisも試したいですね。ちなみにKindle Oasisを3G付き、キャンペーン情報ありモデルを選んだ場合、43,190円。ん~、サクッとは買えない金額ですね。