今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【Kindleストア セール】「6月月替わりセール」から5冊を紹介

もう6月です。1年の内、半分が過ぎようとしています。

時の流れははやいもの。有意義に過ごしていきたいものですね。そのために読書はいいものだと思いますね。
 

今月も、Kindle月替りセール(2016年6月)は開催されていますので、そこから気になった本5冊紹介です。今月は全部で135件の対象タイトルがあります。

 

『最速の仕事術はプログラマーが知っている』

最速の仕事術はプログラマーが知っている

最速の仕事術はプログラマーが知っている

 

Amazonの内容紹介より一部引用

スティーブ・ジョブズはこんな言葉を残しています。

「アメリカ人は全員コンピューターのプログラミングを学ぶべきだと思うね。なぜなら、コンピュータ言語を学ぶことによって考え方を学ぶことが出来るからだ。」

プログラミングから学べる思考法ができるかできないか。

多くのIT企業の経営者はプログラマー出身ということもありますし、その思考法に秘密がありそうです。

 

『ハーバードの”正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣』

ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

 

Amazonの内容紹介より一部引用

リーダーシップを発揮するのに、すべて問いの答えを知っている必要はない。

キャリアの早い段階で身につけておきたいのは、「重要な問い」に向き合うことを習慣化すること。

重要なことに的確に疑問を抱き、思索し、状況を立て直し、前進する。この繰り返しを習慣化すること。

うまくいくリーダーとそうではないリーダーの違いは何のだろう?この違いが現れるのは、「正しい疑問を持てるか否か」だといいます。

この正しい疑問を持つことはとても重要そうですね。疑問も正しくないと意味なさそうです。

 

『資本論 -まんがで読破ー』

資本論 ─まんがで読破─

資本論 ─まんがで読破─

  • 作者: マルクス,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 Amazonの内容紹介より

金が何でできているか知っているか?19世紀前後に起こった産業革命以降、工業化により商品の大量供給が可能になったが、貧富の差はますます広がり、人々の生活は豊かになるどころか苦しくなるばかり。労働者を酷使する生産過程の中で新たな価値を生み出す「搾取」のシステムが明らかになる…。

マルクスの『資本論  』といえばその名前を知っている人も多いのではないでしょうか。ただ難しそうだなと思って読んでいない人も多いはず。

この「まんがで読破」シリーズはそういった少し難しめの本をまんがにすることによってわかりやすく読むことができます。この「まんがで読破」シリーズはオススメです。

 

『鉄腕アトム』

鉄腕アトム 1

鉄腕アトム 1

 

あの手塚治虫の代表作の『鉄腕アトム』。実はよく読んだことがありませんでした。この機会に読んでみようと思います。

 

 

『何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから』

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから (SPA!BOOKS)

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから (SPA!BOOKS)

 

Amazonの内容紹介より

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから。医学的根拠のない”ダイエット難民”からは卒業!精神科医が教える「脳で痩せる方法論」

これは面白そうですね。食事とか運動とかも脳と密接な関係があるはずですからね。痩せないのは脳の使い方のせい!興味深い1冊です。

著者ももともと肥満だったといいますから、これはよさそうな一冊です。

 

 

 

ということで5冊紹介しましたが、まだまだほかにも面白そうな本がたくさんです。ぜひ、セールを利用して読んでみてはいかがでしょうか?

Kindle月替りセール(2016年6月)