読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【79冊目】『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』ー界王拳を使って2日間で8割の仕事を

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

 
著者はプログラマーの中島聡氏。
米マイクロソフト本社でWindows95の開発に携わり、「ドラッグ&ドロップ」を世界に普及させ、「右クリック」の概念を現在の形にしたのが著者です。
すごいですよね。「ドラック&ドロップ」「右クリック」も今も世界で相当数の人が行っていると思います。僕も朝からすでに数えきれないくらいしています。
 
そんな著者の「時間」に関する本。
数々のプロジェクトに携わってきた著者ですから間違いなく参考になるはず。
著者は米マイクロソフトに勤務になったときにこう感じたといいます。
自分よりもはるかに腕のいいプログラマーがごろごろいて、到底太刀打ちできるように思えなかったと。そこで「時間との付き合い方」と徹底的に向き合うことにしたといいます。
まず天から与えられている時間は皆平等である。ここに気がつきました。
人の能力がいきなり向上するようなことはありません。ならば時間の使い方を徹底的に突き詰めるしかない。すなわち、時間を制する者が世界を制している。

 

時間を制する者が世界を制す。

あのビルゲイツがまさしくそうだったといいます。時間の使い方を徹底的に突き詰めている一人ということです。
 
 

3500個のバグ

なんとWindows95が発売されたときに、約3500個のバグが残っていたといいます。それを知っていて発売したというのです。これは驚きですね。
この行動にはきちんと意味があるのです。
プログラマーたちは、100点じゃなくてもいいので90点や80点のプログラムを必ず納期に提出することが求められています。「兵は拙速を尊ぶ」という言葉は仕事にもまさに当てはまるのです。
 
これはプログラマーでなくても、当てはまると思います。完璧でなくもいいから、まずは納期にきちんと提出すること。それが10%や20%の出来では話になりませんが、80%、90%であればなんの問題もないですからね。むしろ、仕事はやり直しになることの方が多いですから。
本書ではまず前提として、「時間を守る」「納期を守る」ことの重要性が書かれています。時間を守ることができないと、他の仕事、人に影響が出て良くないことが起こることは必然です。
 
まずは締め切りをきちんと守ること
それが重要であり、本書ではそのためにどうやって働いたらいいのか書かれています。
 

界王拳

「10日間で終わらせなければいけない仕事」があったときどうなるでしょうか?
多くの人は終わらせるために最後の2日間でラストスパートをかけて終わりにもっていこうとするのではないでしょうか。締め切りに追われないと頑張れない人が多いと思います。
それでは、ダメだと本書には書かれています。
仕事が終わらなくなる原因の9割は、締め切り間際の「ラストスパート」が原因です。
ですから、10日でやるべきタスクだったら、その2割の2日間で8割終わらせるつもりで、プロジェクトの当初からロケットスタートをかけなければなりません。
(中略)
考えてから手を動かすのではなく、手を動かしながら考えてください。崖から飛び降りながら飛行機を組み立てるのです。

 

どうしても何かに取り掛かるときに、最初に考えてからとか計画を十分の練ってからと取り組もうとする人が多いと思います。そうではなく、やりながら考えなければならないというのです。これは最もだと思いますね。

結局考えて、計画を練ってから始めても途中でこれではだめだなとか初めからやり直しになることも多いですからね。
 
この2日間で8割の仕事を終わらすというのは、難しいですよね。集中力が間違いなく必要です。
この集中力が必要な時に、著者は「界王拳」を使うというのです。界王拳?そうです。あのドラゴンボールの孫悟空の技です。
これをものすごい実績を上げてきた人がいうとなんだかクスっと笑ってしまいましたが、気持ちはとても分かりました。
著者はこの2日間は界王拳20倍だといいます。自分の出せる最大の力を、スタートダッシュに使うということです。
これは参考になりましたね。界王拳を使えば、仕事の能力はアップする。せっかくその界王拳を使っているのに、その界王拳が活かされない仕事はしないはず。そうすると本来するべき仕事に力を注げます。
 
 
 
上記は気になった部分をたった2か所を書いただけです。他にもたくさんの参考になることが具体的に書かれています。
本書はただの時間の使い方の本ではなく、成果につなげていく時間の使い方の本です。
ただし本を読むだけでは何にもなりません。
本のはじめに書いてありますが、ドイツの文豪ゲーテの言葉です。
「知ることだけでは十分ではない。それを使わないといけない。やる気だけでは十分ではない、実行しないといけない」
そうです。本を読んだらまずやってみることが大事ですね。
僕は先日このスタートダッシュで8割の仕事を終わらすという方法を意識して取り組んだところかなりいい仕事ができました。余裕があると残りの時間も有意義に過ごせます。締め切りに追い込まれると、仕事をしている感じになるだけで結局いい仕事はできていないと思いますから今後もこの考えを活かして仕事をしていきたいと思いますね。
 
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である