読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【80冊目】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』ーちゃんと働くことが大切

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

Amazonの内容紹介より
お金を増やしたい!
でも難しいことはわからないし、投資をするのってなんだか怖い。
そんな「お金のド素人」が、東大卒、外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」山崎元氏に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いてきました。
金融の知識は一切不要!

 

本書は著者である大橋さんとお金のプロである山崎さんの会話形式になっていてとても読みやすいです。金融の知識が一切なくても読んで、理解できるように書かれています。これほど理解しやすい本は久々な感じがします。

本書の終わりにこう書かれています。
彼は、自分の理解が不安な部分を隠そうとせずに、「分かった」と思うまで何度も質問して食い下がってくれました。おかげで、今回、今までに私が出した中で一番わかりやすい本が出来ました。
 
難しいことが書かれていないので大枠を理解できるというのがいいですね。
山崎さんも、取り上げるテーマを必要最小限にして、余計なものは説明せず、正しくて必要な知識だけを説明したと書かれています。
本当にその通りで、必要な知識だけが書かれていると感じます。詳細な計算などは省略されていて、結論だけを覚えておけばいいのような部分も多くあります。
僕が気になった部分を引用したいと思います。
 

銀行には注意

客が得するものじゃなくて、自分たちが得するものを売ろうとする
 
投資信託でも保険でもマンションでも、売る側が熱心に売ってくるのって、ほぼ100%自分らが儲かるから売ろうとしている
自分たちが儲かるから、勧めてくる。それは商売としてはわるいことではないかもしれませんが、契約するほうとしては注意が必要ですね。
であれば、店舗を構えていない分経費のかかっていないネット証券を選んだ方がいいといいます。
 
 

保険は入らなくてもいい?

保険についても書かれています。僕自身もそれほど高額な掛け金のものではありませんが保険に加入しています。病気になったりしたら困るからという理由で。
しかし、山崎さんはそれでも入らない方がいいと主張されています。そこには、こんな制度があるからです。僕は知りませんでした。
その制度の名前は「高額療養費制度」といいます。
病気になったときは、『高度療養費制度』というのがある。これは健康保険に入っている人が、もし月に数万円以上(年収による)の医療費がかかった場合、それ以上を国が負担してくれる
 
この制度は驚きでしたね。例えば、
年収370万円~770万円の人であれば、
80,100円+(総医療費ー267,000円)×1%以上は払わなくていい
 
というシステムです。これは知りませんでした。
山崎さんはこういうシステムがあるから入る必要はないと言っています。
 
 
 
本書はお金に関することが非常にわかりやすく書かれています。
何に対してでもそうですが、知らないと損することが多いですし、知ってれば得することも世の中多いです。特に生活をしていく上でお金とは必ず付き合う必要があります。
そのお金に関して学ぶことのできるいい本ですから一度読んでみてはいかがでしょうか。
 
本書の最後のほうにこう書かれています。
「先生!最後にお金を運用する上で一番大切なことを教えてください」
「ちゃんと働くことだね」

いいですね。こういう答え最高だと思います。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!