今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【iOS10 新機能】フラッシュライトの光の強さが調節できるよ

iPhoneのフラッシュライトの機能使ってますか?
あの、懐中電灯みたいになる機能です。便利ですよね。僕も暗いところで明かりが欲しい時はよく使います。夜道や帰ってきたときの玄関などで。
 
以前Androidの機種を使っていて、これがすぐにできないことが不便だなと感じました。アプリをいれればできるんですけど、なんとなく面倒で。
 

3段階で調整可能

 
この便利な機能の「フラッシュライト」、iOS10になってパワーアップしてました。
光の強さを調節できるようになっていました。以前は、光の強さの調節はできなかったです。

f:id:mocchilog:20160928075811p:plain

 

この写真のように、「明るい」「普通」「暗い」の3段階になっていました。今までの明るさがこの3段階のどれかわかりませんが、「明るい」か「普通」のどちらかだと思います。「暗い」は結構弱めなので、真っ暗な部屋で少し枕元を照らしたいときなどにいいかもしれません。 

 

 

使い方

①画面の下から上にスワイプすると、コントロールセンターが出てきます。

f:id:mocchilog:20160928080553p:plain 

 

②この左下の懐中電灯のマークをタップするとフラッシュライトの機能がを使うことができます。この時に普通にタップするのではなく、グッと強めに押します。 

グッと強めに押す。要するに、3DTouchですね。
f:id:mocchilog:20160928080216p:plain

そうすると出てきます。明るすぎなくていい場面もありますからこれはいい機能追加だと思います。

ところで、この機能、先ほど3DTouchを使うと出てくるのですが、iPhone5sとかiPhone6とかだと3DTouchの機能ついていないのでできないのでしょうかね。気になるところです。

と思って3DTouch非対応のiPhoneSEを持っていることに気づいて試してみましたが、できませんでした。ということで、3DTouch 対応のiPhone6s以降の機種のみの対応です。