読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

「Kindle Unlimited」アマゾンの一方的な配信停止に抗議ー講談社

僕も気に入って使っている「Kindle Unlimited」ですが、講談社がこの「Kindle Unlimited」を運営しているアマゾンジャパンに対して抗議をしているといいます。

 

何があったのでしょうか?

配信していた書籍・雑誌など講談社の1000以上のタイトルを一方的に配信停止したとして、10月3日に抗議する文書を発表したとのことですね。

f:id:mocchilog:20161006162820p:plain

講談社が発表したアマゾンジャパンへの抗議文

⇒ http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20161003amazon.pdf

 

この抗議文より今回のこの事態を把握してみたいと思います。

 

8月3日スタートの電子書籍読み放題サービスの「Kindle Unlimited」において、講談社はこれまでに1,000を超える書籍や雑誌のタイトルを提供してきたと言います。

その中で、アマゾン社の一方的な事情により、同社ランキング上位に並ぶ書目が提供元の講談社に何の連絡もなく配信を停止されるという事態が発生したと言います。

このブログでも書いたこれですね。

mocchilog.hatenablog.com

 

この独断での、配信停止措置にて対して、講談社はこの事態に対して、これまでアマゾン社に強く抗議をし、さらに同時に同サービスにおける配信の原状への復帰を求めてきたという経緯があったとのことです。

それが今回、いい方向に進まなかったようですね。抗議文にはこう書かれています。

しかしながら事態は好転いたしませんでした。そればかりか、弊社が抗議を行っている最中に、アマゾン社は、9月30日以降、弊社が提供する1,000を超える作品すべてを、一方的に同サービスから削除しました。このような状況んい、書目を提供してきた出版社として大変困惑し、憤っております。

弊社はこの一連の事態に遺憾の意を示すとともに、アマゾン者の配信の一方的な停止に対して強く抗議いたします。サブスプリクション・モデルと呼ばれる定額のコンテンツ提供サービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾン社には善処を求めてまいります。

 

一方的な配信停止とは、なかなかすごいですね。これに対して現在はアマゾンは特にコメントを出していない様子です。ここまで大きな問題になっているのであれば、何かしらの対処が必要になってくると思います。

この「Kindle Unlimited」は、開始するのにあたっておそらくアマゾンの見込みが少し甘かった部分があると思います。それはそれで仕方ないので、出版社側と協議しながら話を進めればよかったと思いますが、一方的というのがよくなかったと思います。

しかも一度目の抗議のあと、一方的にすべての作品を配信停止とは驚きの行動です。

他の出版社は大丈夫なのでしょうか?今後も目が離せない話題になりそうです。

 

 

僕自身はこの「Kindle Unlimited」はまだまだ使いたいと思います。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望