今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【Kindleストア セール情報】「最大50%OFF」幻冬舎のミステリー(2016/10/20まで)…ミステリー好きは見逃すな

Kindleストアセール情報です。

ミステリー好きにはたまらないセールです!!対象タイトルは484冊!

 【最大50%OFF】幻冬舎のミステリーフェア(10/20まで): Kindleストア

 

僕もミステリーは好きですので、気になる本、おススメ本を数冊紹介します。

 

 『タックスヘイブン』

タックスヘイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)

タックスヘイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)

 

金融を絡めたミステリーです。金融のこともかなり詳しく書かれていて、勉強になります。

著者の作品で『マネーロンダリング 』と『永遠の旅行者』も同時に読むと面白いと思います。この2作品もセールの対象となっています。

僕自身、この3冊はとても好きな作品です。おススメですよ。 

 

 

『廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕』

廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)

廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)

 

先日、本書の著者である「今野敏」の本を初めて読みました。

前から読みたいと思っていた著者のうちの一人でした。結果、面白かったので本書も読んでみたいと思います。

Amazonの内容紹介より

警察組織と家庭の間で揺れ動く刑事の奮闘をリアルに描く、傑作警察小説。

刑事ものの小説は警察組織との話も多く書かれますよね。

 

『神様が殺してくれる』

神様が殺してくれる (幻冬舎文庫)

神様が殺してくれる (幻冬舎文庫)

 

僕の好きな作家の森博嗣の本。この本は購入したきりまだ読んでいません。

舞台はパリとのこと。どんな感じの作品になっているか楽しみです。

 

 

 『ベイジン』

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

あの『 ハゲタカ』の著者の本です。

舞台は中国ということですが、これもお金の絡んだ(経済)話なのでしょうか。

Amazonの内容紹介にはこう書かれています。

「時代の激流と人間の生き様を描く著者の神髄が結実した大傑作」と。間違いなくハズレではなさそうな本です!

 

☆☆☆☆☆

ミステリー好きにはたまらないセールですね。セール対象は484作品もありますからぜひチェックしてみてください。

期間は2016年10月20日まで!!

⇒ 【最大50%OFF】幻冬舎のミステリーフェア(10/20まで): Kindleストア