読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

マイクロソフトが初のデスクトップ型PCを発表!「Surface Studio」

https://i.ytimg.com/vi/BzMLA8YIgG0/hqdefault.jpg?custom=true&w=336&h=188&stc=true&jpg444=true&jpgq=90&sp=68&sigh=BIyM9UQeqPSOBfGkmvbRQgT2oN0

米マイクロソフトが10月26日(現地時間)、Surface初となるデスクトップ型コンピューター「Surface Studio」を正式に発表しました。

 

オールインワンPC

ディスプレイは28型(4500×3000ドット)のタッチ操作可能ディスプレイ。これは完全にクリエイターを意識していますね。

なんと従来のSurface Penも対応。

ディスプレイの厚みはたった12.5㎜しかない。薄いですね~。

ついついディスプレイに注目してしまいますが、中身もすごいです。

・CPUは第6世代Intel Core i7/Core i5プロセッサー

・メモリは最大32GBに対応

・ストレージは1TB /TBのハイブリッドHDD(SSHD)

・最上位モデルのグラフィックは4GB のGDDR5採用のGeForce GTX 980Mを搭載

というかなりのハイスペックです。

 

このPCすごいのが、なんと平とまではいかないですがディスプレイを20度まで倒すことができると言います。Surfaceはどの製品でもそうですが、タブレット的な使い方にも注力している感じですね。

 

この「Surface Studio」の紹介動画をみると驚きです。

youtu.be

 

3つのモデルを用意。最も安いもので2,999ドル(約31万円)。最もハイスペックのもので4,199ドル(約43万円)

アメリカでの発売は12月15日。残念ながら日本での発売は未定となっていると言います…。

 

「Surface Dial」も発表

今回、同時に新しい入力のデバイスとして「Surface Dial」が発表されました。手のひらにすっぽり入るくらいの大きさで円柱型の端末です。

この「Surface Dial」を使って、画面を回転させたり、カラーの表示やページ送り、画像のズームイン・ズームアウトなどクリエイターの直感的な操作を可能にすると言います。

マイクロソフトも「利き手にSurface Pen、もう一方の手にSurface Dial」という使い方を提案しています。

 

☆☆☆☆☆

マイクロソフトもSurfaceシリーズで好調のためか攻めていますね。

初のデスクトップ型も今回登場です。クリエイターをかなり意識した製品になっています。僕自身この製品の購入はないとは思いますが、見てみたいですね。

 

僕はこっちの新型の「Surface Book」が欲しいですね!

 

mocchilog.hatenablog.com

 

 

 

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である