今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

MacbookProの画面にはタッチパネルは搭載されないのか?

先日、新型の「Macbook Pro」が発表されました。

こういうのを見ていると本当に欲しくなりますよね~。

www.apple.com

 

 

さて、この「MacBook Pro」ですが、今までと何が変わったのでしょうか?

もちろんCPUなどチップもよくなり、さらにバッテリーの持ち等の基本性能はアップしています。

新機能としては、やはり「Touch Bar」と「Touch ID」でしょうか。

この「Touch Bar」に注目してみたいと思います。

 

「Touch Bar」ってどんな機能?

キーボードの最上段に「Touch Bar」というものが搭載されました。タッチパネル付きのディスプレイです。
以前は、ファンクションキーが配置されていた場所です。
画面に表示されているアプリケーションによって、表示内容が変わるという仕様になっているといいます。その時に応じて、最適な機能ボタンを表示してくれるというものです。また、ファンクションキーも表示可能ということです。
 
この動画をみるとどんな感じで使えるのかイメージがしやすいと思います。
これは慣れれば便利そうですよね。ただ、ここで疑問が生まれます。これって画面をタッチパネルにすれば済む話ではないのか、と。
 
 

Macbook Proにはタッチパネルが搭載されない

このTouch Barの登場で、Macbook Proにはしばらくタッチパネルが搭載されるないと予想されますね
画面をタッチパネルにすればこれは済む話ですからね。それをあえてせずに「Touch Bar」を搭載したMacbookPro。
 
画面をタッチパネルにしない理由の一つとして、Macのトラックパッドが非常に優秀ということがあげられると思います。
これは使ったらよーくわかるのですが、本当に優秀です。トラックパッドの快適さはすごすぎます。僕は今、ノートPCはVAIOを使っていますが、このトラックパッドに限って言えば、操作性は似てますが、全くをもって似て非なるものですね。
 
この優秀なトラックパッドの存在が、画面をタッチパネルにしない理由かな?と思っていましたがそうではないのでしょうか。
その理論だと今回の「Touch Bar」搭載の理由がわかりません。
 
 
☆☆☆☆☆
Macの画面にタッチパネルが搭載されたら最強だと思いますね。
あの快適なトラックパッドに、画面もタッチパネル。しかも、iPhoneやiPadを作っている会社ですから、かなり快適なタッチパネル画面が作れると思うのですよね。
ん~、何か意図があるのだと思うのですが、どんな意図があるのか知りたいものですね。
 
ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー