読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

スーパーでお金を引き出すことができるようになるーJ-Debit「キャッシュアウトサービス」が2018年4月に開始予定

f:id:mocchilog:20170408125914j:plain

 

銀行、信用金庫などが参加する日本電子決済推進機構は、2017年4月6日にJ-Debit「キャッシュアウトサービス」を2018年4月からのサービス開始を目指すと発表した。

J-Debit「キャッシュアウトサービス」の取扱い開始について~2018年4月よりキャッシュカードを使った一般店舗での現金引き出しが可能に~|日本電子決済推進機構 のプレスリリース

 

キャッシュアウトサービスとは

デビットカードでお買い物する際に、買い物代金と引き出す現金の合計金額を口座から引き落とし、お買い物商品と現金を同時に店舗レジ等で受け取ることができるサービスです。

 

このサービス欧米では既に幅広く活用されているといいます。

僕は普段、現金はあまり使わないのですが、もちろん現金を引き出したいときがあります。銀行やコンビニのATMで引き出しますが、スーパーでも引き出せるとなると選択肢が広がって便利そうです。

宅配サービスの利用を使えば、自宅にいながら現金の引き出しが可能というので驚きです。

 

引き出し上限額は、1回5万円程度を想定しているとのこと。

気になる手数料は、小売店に任せる方向で調整するといいます。この手数料の有無というのは広がるスピードに差が出る気がします。

 

J-Debitとは?

このサービスは、「J-Debit」のサービスを利用します。

「J-Debit」というのは、基本的には手続き不要で持っているキャッシュカードで買い物ができるというもの。

買い物した瞬間に、直接口座からその分の金額が引かれるということです。

 

http://www.debitcard.gr.jp/top/img/logo.gif

 

デビットカード=キャッシュカード J-Debit 日本デビットカード推進協議会

 

 

このマークみたことないですか?僕はこのサービスを使うのに、ずっと手続きが必要だと思っていました。まさかの手続きがいらなかったというのに驚きですね。

銀行、信用金庫、信用組合等の全国ほとんどの金融機関が発行した4.2億枚のキャッシュカードがそのまま使えるというのです。この4.2億枚というのは、全体の約9割ということ。

この新しいカードを作る必要がないというのが、こういったシステムが広がるのにはプラスに働くと思います。

 

☆☆☆☆☆

お金を引き出す場所が増えるというのはよいことですよね。

現時点では現金を全く使わないというのは、少し難しいです。基本的にはクレジットカードを使っていても現金が必要な場面が必ず出てきます。

そんなときに、現金を引き出すことができる場所がたくさんあるのはイイことだと思います。

 

まあ、間違いなく普段から現金のみの決済というのはもったいないですから、クレジットカードを使った方がいいですよ。ポイントを賢くためましょう!!