今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

Amazon、「Fire7」と「Fire HD 8」を発売へー値段が最大のイノベーション!!に納得の値段

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bqaMNVpsL._SL1000_.jpg  https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NUVt%2Bd8bL._SL1000_.jpg

Amazonは、2017年5月17日、Fireタブレットシリーズの新モデルを発表した。

旧モデルより薄くなったFire 7と、高性能な「Fire HD 8」の2つ。

発売は2017年6月7日です。

 

「Fire 7」のポイント

旧モデルから、さらに薄くなり、軽くなっている点が特徴です。

厚さは9.6mm、重さは295g。

iPad mini4のWi-Fiモデルの重さが、298.8gですからそれよりも軽くなっています。iPad mini4でもじゅうぶん軽く感じますが、それより軽いということですから快適に使えそうです。

タブレットは軽い方が手が疲れなくていいです。

 

また、ディスプレイにも改善が。

美しく読みやすくなった7インチ型IPSディスプレイを採用しています。画素を正方形にすることで、映像や文字の見やすさを改善したといいます。

 

バッテリーは最大8時間使用可能。

ストレージ容量は8GBと16GBの2種類。microSDも最大256GBまで対応できるので、容量の心配はなしですね。

RAMは1GBとのこと。

 

 

「Fire HD 8」のポイント

「Fire HD 8」はFireタブレットシリーズの中で高性能のタブレット。

解像度は1280×800ピクセルの8インチ型HDディスプレイ

ストレージ容量は16GBと32GB。「Fire 7」と同様にmicroSDは256GBまで対応しています。

 

 

値段が最大のイノベーション

この2つのタブレット。やはり値段が気になるところ。

「値段が最大のイノベーション」と発表されていましたが、その通り。

安いのです!!

「Fire 7」

・8GBモデル : 8,980円

・16GBモデル : 10,980円

 

「Fire HD 8」

・16GBモデル : 11,980円

・32GBモデル : 13,980円

 

とただでさえ、タブレット端末としてはとても安いと感じると思いますが、これがさらにプライム会員ですと上記の価格から4,000円値引きとなるのです!

  ・Amazon.co.jp: Amazon Prime(プライム会員はコチラ)

 

「Fire 7」     通常価格     → プライム会員価格

・8GBモデル : 8,980円     → 4,980円

・16GBモデル : 10,980円 → 6,980円

 

「Fire HD 8」通常価格  → プライム会員価格

・16GBモデル : 11,980円  → 7,980円

・32GBモデル : 13,980円  → 9,980円

 

今回のアップデートは、ディスプレイがよくなったり、microSD対応容量が増えたりと変化はしていますが劇的に何かが変化、進化したというわけではありません。

アマゾンジャパンの人が「価格が最大のイノベーション」というのにも納得です。

5,000円でおつりがくる価格とは驚きです…。

一番高いモデルを購入しても10,000円でおつりがきます。

 

☆☆☆☆☆

プライム会員であれば絶対に購入した方がいいですね、これは。

また、プライム会員になっていない人は、これを機になってみてはいかがでしょうか。

年会費3,900円で動画配信サービス、音楽などをはじめコンテンツも楽しめますし、他にもメリットがいっぱいです!

   Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

 関連記事:「Amazonプライム会員」の年会費3900円はとてもお得!! - 今が大事

 

僕はどっちにしようか迷い中です。

てか両方購入しても15,000円以内か...とさらに迷ってしまいますね。

 

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

 

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック