今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

ほぼ素人が練習せずに、ゴルフで100切るコツを考えてみた~ポイントは着実に

f:id:mocchilog:20170712215555p:plain

 

先日、ゴルフに行ってきました。

約4か月ぶりのゴルフです。その間に全く練習とかもしてませんから、打ち方も危うい感じでした。そんな中でもギリギリ100を切ることができましたので、それほどうまくなくてもどうしたら100を切ることができるかという考えのまとめです。

 

スコアとしては前半が54、後半が45でした。

前半のままいったら間違いなく100を切ることができませんでした。その中で考えながらやったことをメモがわりに書いておきたいと思います。

気を付けたことは、細かく考えるといくつかありますが大きく考えると2つです。

 

①OBを出さない

このOBを出さないということは、超重要ですね。特に、ティーショット。このティーショットでOBを出すと最悪です。スコアがかさんでいくだけでなく、気持ち的にもマイナスです。

このティーショットでOBを出さないようにするコツは、必要なことを考えること。

 

ティーショットでドライバーを使う時に、どうしても距離を飛ばしたくなります。思い切り振りたくなる気持ちよくわかります。そこで力んでボールが林の中へ消えていく…。こんな経験をしている人がいると思います。

 

考えてほしいのは、決して飛距離を争っているわけではないということ。まっすぐ飛ばして正確にフェアウェイに落とした方が間違いなくいいです。

1打で思い切り飛ばそうとするのではなく、OBを出さないように着実に進んでいくということの方が重要なはずです。

今回の僕のパターンで考えても、前半はティーショットでのOBを3回も出してます。後半は一度も出しませんでした。

力を押さえて、まっすぐ飛ばすことを意識した結果です。

あと、思うのですが力をいれて振ってもそれほど力を入れずに降っても、飛ぶ距離はそれほど変わらないということですね。

 

②パターは2パッドまで

パターも超重要です。

パターで3パッドがでたらもうスコアはダメダメですね。だからといって、1パットで入れようとしなくてもOKだと思います。2パッドで確実に入れる。これを意識しました。

「1打目で確実に近づけて、2打目でいれる」このパターンですね。もちろん近い時には1打目でいれにいきますが。

あと、のぼりの時に通り過ぎないようにしました。通り過ぎてしまうと、次は下りで打たなければなりません。パターは下りの方が間違いなく難しいですから。

 

☆☆☆☆☆

要するに欲張らないということが大事ですね。

着実に進めていく。この「着実に」ができればほとんどの人が100を切ることは可能だと思います。

あ、あと昼休憩でビールを飲まないこと(笑)ビールを飲みとどうしても手元が狂います…。

 

 

 マグネットティーはティーがどこかにいかなくて、探す手間が省けていいですね。

大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法!   角川SSC新書

大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法! 角川SSC新書