今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【127冊目】『レバレッジ・リーディング』ー「多読」のススメ!1500円のリターンは?

 

 

    レバレッジ・リーディング

 

この本、何度も見かけたことはあったのですがきちんと読んだことはななかった本の1つです。

著者は年間400冊を読み、それをビジネスにつなげているといいます。そのノウハウが書かれた本書ですから、参考になること間違いないはずです。

 

ビジネス書のリターンは?

ビジネス書1冊が大体1,500円。この1,500円が将来何倍にもなってリターンとして返ってくると書かれています。著者の経験や周囲の人たちから見積もってみると、およそ100倍!と。

1,500円が100倍の150,000円になって返ってくる。そんな読書法が書かれています。

 

f:id:mocchilog:20180212093510j:plain

「多読」のススメ

基本的に本書では「多読」を勧めています。

多読というと膨大な時間がかかるのではないか?と思う人もいるはずです。隅から隅まで読んでいると1冊読むにも時間がかかりますから。

 

そう考えると「多読」ではなく「速読」の方がイイのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。

ただ著者はそうではないといいます。著者がアメリカンのビジネススクールに留学したときに、課題となる膨大な書籍や資料を読むときに身につけたといいます。

常に目的意識を持って、いらないところは切り捨てる読み方をすると、1冊の本を短時間で読み終えることができるので、どんどん本が読めます。必要な情報だけが入ってくるし、次々に新しい有益な本を読むことができます。つまり、情報の取捨選択能力がアップしたわけです。

ということから、本は全部読まなくてもよい!ということ。

 

僕もこういう読み方を結構していますが、これをできるようになると本を読むスピードはどんどん速くなりますね。

さらに、この「目的意識を持って」というのも重要で、同じ本を読む場合でもこの目的意識の目的に何を置くかによって全然違うところが重要になってきます。

ある目的の場合には何でもないところが、違う目的の場合には超重要になったりと。

 

疑似体験を格安で

GMOの熊谷正寿さんのお父さんとのエピソードが紹介されています。お父さんが熊谷さんに「動物と人間の違い」を突然聞いたと言います。そうすると、お父さんがこういったそうです。

「人間は書物を通じて、人の人生を数時間で疑似体験できる。だから、本を読め。生涯、勉強し続けなさい」

この成功者の体験を疑似体験できるというのは大きいですよね。それを考えれば、それが書かれている書籍というのは、知識も経験も知恵も書かれているのですからとても価値があるものだと思います。

 

成功者に直接会って話をできれば一番いいことは間違いないですが、普通はそんなことというのはできません。

その成功者の考えや経験、知識、知恵などそういったものが1,000円ちょっとで知る事ができるというのは非常に割安ですね。

本書にも書かれていますが、

読書は究極の格安な自己投資

だと本当に思います。

 

本書では楽しむための読書ではなく、投資としての読書について書かれています。

投資としての読書のコツは、自分の身に置き換えて読むことです。「自分だったらどうするか」をシミュレーションしつつ読んでいくと、アイデアがどんどん出てきます。

この自分の身に置き換えて読むことができるかどうか、自分だったらどうするかを考えながら読むことができれば、その読書は間違いなく身になるはず。

 

やっぱり行動が大事

本を読みまくればそれでいいというわけではありません。本書にもこう書かれています。

たくさんの冊数を読むことも大事ですが、たくさん実行することのほうが大事です。とにかく行動して、試してみてほしいと思います。

本を読んで満足、というのはよくあるパターン。それではダメです。

それでは「ただ知っている」というだけ。問題は実際に「できるかどうかが大事」なわけです。 

 

「知識に経験が加わってはじめて、物事は『できる』ようになるのです。それまでは単に『知っている』にすぎない。情報社会となり、知識偏重の時代となって、『知っていればできる』と思う人も増えてきたようですが、それは大きな間違いです。『できる』と『知っている』との間には、深くて大きな溝がある。それを埋めてくれるのが、現場での経験なのです。

できるようになるには、知識に経験を加えるのか、経験に知識を加えるのかというパターンはあるにしろ「経験+知識」が大事で知識の部分だけではどうにもなりません。

やっぱり行動を起こすことが大事です。

 

☆☆☆☆☆

行動することと勉強すること。この2つはとても重要なことだと思います。

勉強することの一つに「読書」というものがあり、その読書をいかにするのか?ということが本書にはたくさん書かれていますので、ぜひ読んでみてください!

 

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

 

 

 

読書はやっぱりKindleがいいと思いますよ!