今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【筋トレ】筋トレは早朝がおススメ!ー朝ジムに行く5つのメリット

筋トレをいつやっていますか?

僕は基本的には夜やっていました。が、最近は朝行くことにハマっています。

 

僕自身、毎日早起きをしていますので朝の時間帯を効果的に使えないかと考えたところ、「あっ、そうだ!ジムに朝行けばいいんだ!」と思って何となく行き始めたことがきっかけです。

朝、ジムに行き始めて1か月ほど経ちましたのでそのメリットをまとめてみたいと思います。

f:id:mocchilog:20180425160706j:plain

 

 

スケジュール

まず、朝何時に起きて何時にトレーニングをやるのかといったスケジュールです。

  • 5時30分:起床
  • 5時30分~6時15分:シャワーを浴び目を覚まし、バナナと水分補給
  • 6時30分~7時40分:トレーニング
  • その後:シャワー浴びて、出社

と大体こんな感じです。

トレーニングの時間は多少前後するときがあります。

 

メリット①:空いている

なんと言っても最大のメリットは空いていることでしょう。

夜行くと混んでいます。混んでいると何が問題かというと、自分のやりたいマシーンなどが自分の考えているタイミングで使えないことが多々あります。

そうするとジムにいる時間も長くなりますし、トレーニングの効果も下がります。

 

早朝はそんな心配ありません。ジムにいる人も夜の10分の1くらいでしょうか。ほとんどいませんから、自分のやりたいマシーンを自分の好きなタイミングで好きなだけ使うことができます。

これは本当に大きなメリットですね。

 

メリット②:代謝が高まっている気がする

朝トレーニングすると代謝が高まっている気がします。というか、代謝が高まるというデータもあるようですね。

この一日の代謝が高まることは「運動後過剰酸素消費量」と呼ばれ、同じ条件下において、午前中に運動をすると代謝が上がり、1日中、より多くのカロリーを消費することができるということです。

 

これは気のせいかもしれませんが、朝トレーニングしてから、会社に行くと一日中身体が暑い感じがします。

 

メリット③:全力でできる

夜行くと仕事が終わったあとなので、疲れていることが多いです。疲れているほど働いているのかー!というのは置いておいて。

朝だとこれがない。疲れていない状態ですので、集中してトレーニングができます。

 

メリット④:自己管理ができる

朝、ジム行くと先ほど書いたように、空いてますし、集中してできますから朝行きたくなります。そのためには、スケジュールにも書いたように5時半に起きなければなりません。

そのためには、早く寝る必要があります。睡眠時間を削ってまで筋トレしても意味がありませんから。

 

そうすると夜の飲み会も遅くまで参加というのはなくなります。遅くとも一次会で帰らなければ朝起きれませんし、また飲酒量も少なめにしないと次の日の朝とてもじゃないですが筋トレができません。

ということで、自己管理にも一役買ってくれますよ。

 

メリット⑤:夜ぐっすり眠れる

夜ぐっすり眠れます。早起きしていますし、運動もして仕事もしてくればかなりぐっすりと。

夜筋トレ行くと、夜寝れないことが多々ありました。

夜の筋トレだと身体は疲れているのですが、筋トレをしてきたせいで身体が興奮しているというかポカポカしていて眠れないのです。

朝の筋トレに切り替えてからは、全くこういったことはないですね。

 

☆☆☆☆☆

朝、筋トレをすることはメリットだらけですね。

時間も効率的に使えますし、筋トレも集中してできる。しかも代謝も上がる!

イイことだらけですね。今のところデメリットは何も感じていません。

また、メリットが見つかったら追記していきたいと思います。

 

関連記事:【筋トレ】スポーツジムを選ぶ5つのポイント - 今が大事

関連記事:【筋トレ】ジムに通うべきかどうか~確かに自宅でもできるがジムに通った方がいいと思う3つの理由 - 今が大事

 

 

ちなみに朝筋トレ終わった後は、きちんとプロテイン飲んで栄養補給をしています。

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g