今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【読書】Kindleも良いけれど紙の本もいい

f:id:mocchilog:20181121183411j:plain

 

読書はもっぱらKindleでここ数年はしてます。

Kindle Paperwhite」を愛用してますし、スキマ時間にiPhoneで読んだりもします。

 

普段は電子書籍ばかりの僕ですが、最近、紙の本を読むことがあって紙の本もやっぱりいいな~と思いましたので、その辺のことを書いてみたいと思います。

 

紙の本もやっぱりいいな~と思ったのは、メリットが電子書籍の方にあるとか、紙の本にあるとかではなくもっと漠然としたものです。

メリットからの面でいえば、間違いなく電子書籍の方があると思ってます。

それでも何となく紙の本もいいな~と思ったのでそのポイントをまとめてます。

 

「電子書籍」での読書がオススメ!僕が感じる4つの大きなメリット! - 今が大事

 

1.読んでいる感じがする

紙の本は、読んでいるという感じを強く感じることができますね。

それは、紙の本の重さなのか、厚さなのか、紙の質感なのかよくわかりませんがとにかく読んでいるという感じがするんですよね〜。

 

電子書籍の場合はこの読んでいるという感じが少し薄れるような感じがするのです。

 

特にスマホ。スマホで読んでいるときは本を読んでいるというよりも画面に出てくる情報を次々と見ていく感覚。

Kindle Paperwhiteなどの電子ペーパーの場合は紙の本の感覚に近づきますね。Kindle Paperwhite の感じもものすごーく好きです。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB、ブラック

 

 読んでる感覚は…こんな順位になりますね。

・スマホ < 電子ペーパー < 紙の本

 

 

2.進捗具合がわかりやすい

紙の本の場合、本全体のどれくらいのところを読んでいるのかというのも直感的にわかりやすいのがいいですね!

これは電子書籍では感じる事ができません。

 

電子書籍も進捗が何パーセントと出てくるのでわかることにはわかるのですが、紙の本の場合はいちいち確認するのではなく、感覚的に読みながら今半分くらいだな〜みたいな感じでわかるのが良いですね。

 

3.戻る時ラク

この戻る時ラクというのが最大の紙の本の良さだと思います。

本を読み進めてるうちに、あれ?これどういう事だっけ??と、前に戻りたい時ありませんか?

 

そんな時、紙の本だとだいたいの箇所を覚えていて、たしかこの辺に〜と探すと見つかることが多いのですが電子書籍だとそうはいきません。

 

電子書籍の場合だと1ページずつ戻るか、ゲージを使って(動画をみたい場面まで飛ばす、戻す感じ)戻る方法、検索する方法があるのですが中々その箇所に戻ることが難しい。

 

紙の本だとたしかこの辺に〜という感覚があるのに対して、電子書籍だとその辺感覚がほとんどないんですよね〜。

そのためか、戻りたいとこまでいくのにやたら時間がかかります…。

 

 

☆☆☆☆☆

と、久々に紙の本を読んでみて感じたことを書いてみました。

電子書籍ばっかりだけど、たまには紙の本もいいな〜って思いました。普段、電子書籍ばかり読んでる人は紙の本で、紙の本しか読んでない人は電子書籍で読んでみるとまた新しい発見があるかもしれませんよー!

 

ちなみに紙の本で読んだのはコレ!

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (75件) を見る
 

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB、ブラック