今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【読書】ビジネス書を効率的に読む5つのポイント

ビジネス書読んでますか?僕自身、以前はむさぼるように読んでました。

少しでも自分自身にプラスになることが本から吸収しようとしてましたね。

 

また、ビジネス書のタイトルって結構気になるもの多くないですか?これも読みたいあれも読みたいと読みたい本がドンドン多くなって片っ端から読んでました。

 

最近はむさぼるように読むということはなくなりましたが、気になるものがあれば必ず読むようにしています。

今は電子書籍もあるので持ち運びにも便利ですしね。

関連記事:読書には「Kindle Paperwhite」が最高な7つの理由 - 今が大事

 

f:id:mocchilog:20190823143038j:plain

 

時間も限られている中、全ての本を完璧にすべて読むのはなかなか難しい。

さらにはビジネス書は外れ本も一定数あります。全部読んで何も得るものがなかったら時間のムダです…。

そこで、僕がビジネス書を読むときの方法をまとめてみました。

 


①はじめには確実に読む

どのビジネス書も「はじめに」がありますよね。

この「はじめに」は、その本で何が言いたいのか伝えたいのかという事がまとめて書かれていますから、この「はじめに」はじっくりと確実に読む必要があります。

これを踏まえてから、目次や本編を読むと全く違ってきます。

 

この「はじめに」がつまらなかったら、そこでその本を読むことをやめていいレベルです。

本屋で立ち読みができるときは、この「はじめに」を読んで購入するかどうか決めます。

 

②気になった部分だけ読む

「はじめに」で要点を掴んでから、今度は目次を見て気になりそうな部分を探します。そこで、気になった部分をまずは読むのです。

 

また目次以外にも、ページをパラパラとめくって気になる部分も読みます。流し読みレベルで読んでいって、気になったところじっくり読むのです。

 

また目次以外にも、ページをパラパラとめくって気になる部分も読みます。

 

③気になった点を読んで面白くなかったら読むのをやめる


気になった部分を読んで、残念ながら全く面白くないこともあります。その時どうするのか…その本を読むこと自体をやめるのです。

 

自分で気になった部分が面白くない、なんだこれ?と思ってしまったらもう他の部分はもっと面白くない、興味を持って読むことができない可能性はとても高くなります。

 

それを無理して読むのは、時間がもったいないですからこの場合は思い切って読むのをやめます。

 


④気になった点が面白かったら、全部読んでみる

面白い!参考になる!興味持てるなぁ!と感じる部分が多かったら、その本は最初から最後まで読む。最初からじっくり読んでいくのです。

この場合は間違いなく読んだ方が良いと思います。

 

⑤同じような内容は読み飛ばす

ビジネス書を何冊も読んでいると、同じような内容が書かれていることが多々あります。その場合は、思い切って読み飛ばします。

知っている、覚えていることを何度も読むのも大事なのかもしれませんが、時間が限らている中ではそれよりも新しい発見を選んだ方がいいと思うからです。

 

特に同じ著者の読むと、同じような内容のことがとても多いですね。少しおおげさかもしれませんが、半分近く同じような内容のこともあります。

 

☆☆☆☆☆

ビジネス書を読むときのポイントを書いてみましたが、一番難しいと思うのは「読むことを途中でやめること」ではないでしょうか?

せっかく購入した本を途中で読むのをやめるというのは、抵抗がある人が多いと思うのです。

 

ここでポイントなのが、その時は読む必要がないと判断して読まなかったとしても、時間が経ってから読むと興味がわきとても勉強になることもありますので、途中で読むことをやめるのはそこまで深く考えない方がいいと思いますね。

今はつまらないだけと考え思い切ってやめてみましょう!

 

関連記事:【読書】Kindleも良いけれど紙の本もいい - 今が大事

 

 最近読んで本では、これが面白かったですね。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー