今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【お金】キャッシュレス決済の5%還元はお得?どれくらいお得なのか計算してみた!

最近こんなポスターよく見ますよね。

f:id:mocchilog:20191009004410p:plain

クレジットカードや電子マネーで支払いをするだけで、支払額の5%が還元される「キャッシュレス消費者還元事業」が10月1日からスタートしています。

 

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要標準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

 

f:id:mocchilog:20191009004558j:plain

還元は5%

5%くらい大したことないなあと感じている人もいるはずですが、結構お得ですよ。

どれくらいお得なのか計算してみたいと思います。

ここで1点注意が…あくまで5%還元の対象となるお店は、赤いポスターが貼ってあるお店のみ。それ以外のお店で利用しても5%還元を受けることができないので注意です。

 

支払額の5%が還元

どの金額に対して5%還元されるのかということですが、これはクレジットカードや電子マネーで支払いした総額の5%分ということ。

あくまで支払い額ですので、税抜金額ではなく税込金額が対象金額になります。

消費税が10%に増税されていますので、その増税分も対象ということ。

 

例えば10,000円(税抜)の商品を5%還元対象店舗で購入したという例で考えてみます。

・(税抜10,000円+消費税1,000円)×5%還元=550円

550円が還元されるということです。結構大きな金額ですよね。

さらに税抜金額が対象であったのであれば、500円のみの還元になるのでこの消費税分も対象というのはバカにできません!

 

・3万円:(30,000円+消費税3,000円)×5%=1,650円還元

・5万円:(50,000円+消費税5,000円)×5%=2,750円還元

・10万円:(100,000円+消費税10,000円)×5%=5,500円還元

・100万円:(1,000,000円+消費税100,000円)×5%=55,000円還元

 

という結構大きな金額の還元になりますね。

 

月間の上限金額あり

このキャッシュレス消費者還元事業で還元される金額には、月額の上限金額が設定されています。

この上限金額はクレジットカードや電子マネーの種類によって違ってきます

例えば…

・PayPay→25,000P/月

・LINE Pay→30,000P/月

・楽天カード→15,000円/月

・イオンカード→15,000円/月

これを超える分に関しては、支払いに使っても還元がないので注意が必要です。

ただ還元は受けることができるのであれば、できるだけ受けたいですよね。どうすればいいのか?簡単です。

翌月に使うか、違う種類のクレジットカードか電子マネーを使えばいいだけ。

これであれば多くの還元を受けることができます!

 

キャッシュレス決済がオトク!

どれくらいお得なのかわかってもらえたと思います。

現金で払えば特に還元はないのですが、電子マネーやクレジットカードで払うだけで還元が受けられる。

これはどっちがお得なのかというのは、明白ですね!