今が大事

読んだ本を中心に紹介。まずは1000冊。さらに気になったニュース、物、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【筋トレ】筋トレの効果を出すためには、スクワットをやった方がいい!

f:id:mocchilog:20191029232525j:plain

筋トレをしているよ!という人も一定数いると思いますが、下半身をきちんと鍛えている人はどれくらいいるでしょうか?

今回はそのスクワットについて書いてみたいと思います。


上半身を鍛える人が多い

筋トレというと上半身ばかりをやっている人が多いのではないでしょうか?
実際、ジムに行って周りを観察していても上半身ばかりやっている人が多いと感じますね。
 
その気持ちはわかります。
厚い胸板、太い腕、引き締まった腹筋と、筋トレをして出来上がる身体のイメージが上半身の方がイメージしやすいですからね。
 
そのためか、筋トレを始めたばかりの人で、下半身を中心のトレーニングしてますという人はあまり聞きません。
反対に筋トレを何年も継続的に本格的にやっている人ほど、スクワット中心に下半身のトレーニングも欠かしません。
それにはきちんと理由があるからなのです!!
 

スクワットをやった方がいい理由

スクワットを代表とする下半身のトレーニングは絶対にやったほうがいいことは間違いありません。その理由は…
やった感が半端ない!!
 
スクワットをやった人は、絶対にわかると思いますが、スクワットはこの「筋トレをやった感」がものすごいのです!
スクワット、デッドリフト、ベンチプレスは筋トレのメニューの中でBIG3と言われていますが、僕の中ではスクワットが一番キツイですね。
 

僕はどの筋トレ種目も、だいたい5セット行うのですが、他の種目を5セットやったときとスクワットを5セットやった時とでは、全然達成感が違うのです。

 

とくに感じることが、スクワットやったときは汗が噴き出してきます

もちろん他の種目でも汗はかきますし、噴き出してくるのですがスクワットの時はレベルの違う量の汗が噴き出してきますね。

 

使う筋肉が多い

なぜ他の種目と比べてこんなにも違いがでるのか!?

その理由の一つとして、使う筋肉が多い。

というのが一つの答えだと思います。

 

下半身には全体の3分の2もの筋量があるといわれています。想像してみてください。お尻と太ももの筋肉を。確かに、全体の3分の2くらいありそうです。

その筋肉を鍛えないわけにはいきません。

筋肉量を増やして、基礎代謝量を上げるという考えからも、その大きな筋肉を鍛えたほうが効果的と明らかです。

 

 

どの種目が効果的か?

その下半身の筋量を鍛えるための筋トレ方法の代表はやっぱりコレですね。

「スクワット」
スクワットは筋トレの3大種目です。BIG3とも言われる筋トレ種目の一つです。
 
先ほどから、スクワットと何度も書いていますが下半身を鍛えるにはコレです。
筋肉量の多い、お尻やふとももの筋肉を効果的に鍛えることができます
鍛えられる主な筋肉名称はコチラ。
  • 大腿四頭筋
  • ハムストリングス(大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋)
  • 大殿筋
要するに、お尻と太ももがすべて鍛えられます。大腿四頭筋、ハムストリングス、大殿筋の3つはかなり大きな筋肉ですが、もちろんほかの小さな筋肉ももちろん鍛えることができます。
 
しかも、重いモノを担ぐので、下半身だけでなく腰や背中の筋肉にも効果がでます。
体幹トレーニングというのが注目されていますが、スクワットをやることによって体幹も鍛えることができます。
腹回りにも結構な力はいりますしね。
 

正しいフォームで

どの筋トレ種目もそうですが、正しいフォームでやらなければいけません。
正しいフォームでやらないと、効果も半減してしまいますし、怪我のもとにもなります。
 
スクワットもフォームが重要です。
このスクワットのフォームは結構難しいですので、最初はパーソナルトレーナーをつけてフォームを固めてから、重量を増やしていくのがいいとおもいますね。
 
最初はパーソナルトレーナーをつけてみっちりやって、筋トレのコツをつかむのが大事だと思います。
 

ダイエットが続かない方へ/人生を変えるマンツーマントレーニング

 
 
筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?